« ♫女性も検診受けんとねぇ | Main | レジオネラアウトブレイク »

2011.02.18

ランドセルとMRワクチン

今年はランドセルがいろいろ話題になっているから
2期の接種を呼びかけるには「旬」だと思いますが。

ランドセルに名前を 母子健康手帳にワクチンを
(国立感染症研究所麻しんのホームページより)

というわけで地元紙にアピール(予定)



3月1日から7日は、こども予防接種普及週間です。
ワクチンで予防できる病気はいろいろありますが、
新入学シーズンを控えたこの時期は、麻しんと風しんの
混合ワクチン(MRワクチン)の接種をお勧めします。

麻しんは別名「はしか」と呼ばれ、強い感染力を持ちます。
肺炎などの合併症で入院したり重症化することもあり、
今から約10年前に沖縄全体で大流行したときには
9名の幼い命が失われました。

その頃の県内の予防接種率は60%台で、そのため麻しんが
一気に流行し、それが長期化した結果、まだワクチンを接種す
ることができなかった0歳児が死亡するという悲しい経験をしました。

この教訓から、県内には「沖縄県はしかゼロプロジェクト委員会」が発足し、
1歳児の予防接種率向上や発生時のガイドラインを作って、
感染が広がらないための対策を練り続けています。

麻しんを予防するためには、ワクチンを2回接種すること
が必要です。平成18年以降は、1回目は1歳のうちに、
2回目は小学校に入学する前の1年間に接種するという
やり方になっています。

この期間であれば原則無料で接種ができますが、この期間を
過ぎての接種は自費(約1万円)になりますので、
この春に新1年生になるお子さんで、まだMRワクチンの
2回目を受けていない方は、3月31日までに医療機関で
接種するようにしましょう。

新入生へランドセルをプレゼントするのと同じように、
MRワクチンを打って、麻しんや風しんにかからないような
免疫をプレゼントすることも、健やかな成長のためには大切です。

また、国の麻しん排除計画のもとに平成20〜24年までの間は
MRワクチンの2回目を受けていない児童生徒のために、
中学校1年生(第3期)、高校3年生(第4期)に対しても
接種の機会が設けられています。これについても、公費が
認められるのは3月31日までですので、医療機関で接種を
受けるようにしましょう。

一方、風しんは、別名「3日はしか」とも呼ばれ、
発熱、発疹とリンパ節の腫れ等の症状が出ますが、
「はしか」に比べると症状は軽く、発病する期間も
短くすみます。

しかし、妊娠中の女性が風しんにかかると、赤ちゃんが
生まれつきの心臓病や難聴になってしまうことがあります
先天風しん症候群)。沖縄県では今から約45年前に
風しんが大流行して、400人以上の聴覚障害を持つ
赤ちゃんが生まれるという経験をしています。1978〜
1983年の6年間だけ存在した県立北城ろう学校は、
この子どもたちの教育のために設立されました。
風疹ワクチンも2回きちんと接種しておくことが大切です。


広島県では今年に入ってすでに9例(発生動向参照)。
はしか発生相次ぐ(毎日新聞
これは気になるコメント

4人は予防接種歴があるが、
市は「十分な免疫力がなかったのでは」とみている。


|

« ♫女性も検診受けんとねぇ | Main | レジオネラアウトブレイク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ♫女性も検診受けんとねぇ | Main | レジオネラアウトブレイク »