« May 2011 | Main | July 2011 »

2011.06.30

酒飲めない遺伝子のルーツ

アルコールを分解する遺伝子を持っている人の割合 に関するデータってありますか?
と保健所に電話で問い合わせがあったので、調べてみた。

手元にあるNHKブックス「日本人になった祖先たち(DNAから解明
するその多元的構造」(篠田謙一著)によれば

  • アルコールは門脈に運ばれて、肝臓にたどりつきます。
  • そこでアルコールはいったんアセトアルデヒドに分解され、続いて酢酸と水に分解されます
  • アセトアルデヒドは毒性の強い物質で肝臓で代謝されずに血液中に流れ出すと、頭痛等いわゆる二日酔いの状態を引き起こします。
  • だからアセトアルデヒドを酢酸に分解する過程は重要
  • この過程にはALDH1とALDH2という酵素が寛容
  • ALDH2が変異を起こす遺伝子を持っている人は、酒に弱い
  • この変異型遺伝子は世界では中国南部を中心とする極東アジア地域に多い
  • 日本は中国南部に次いで、世界で2番目に多く分布
しているそうです。ヘー。

では日本国内ではどうか。
at homeこだわりアカデミーというサイトに
原田勝二教授インタビュー記事を見つけました。

──最近、このALDH2遺伝子の型の割合を、都道府県別に調べられたそうですが。

原田 はい、北海道から沖縄まで五千名以上の日本人を対象に調べたところ、図表1にあるように北海道、東北、九州、沖縄地方に酒豪遺伝子であるN型遺伝子の割合が多いことが分りました。特に秋田県が一番多く、次に鹿児島県と岩手県、逆に最も少ないのが三重県、次いで愛知県という結果になったのです。


現在の日本人は、縄文人と弥生人の特徴を兼ね備えていると言われています。それに当てはめて考えると、恐らく縄文人のほとんどはN型遺伝子のみを持っており、とても酒に強かった。そして、縄文時代末期から海を渡って近畿、中部に多く移り住んだとされる弥生人によって、酒に弱いD型遺伝子がもたらされた…。この歴史のために地域差がでたのではないかと思います。

だから弥生系の人は、酒飲めない遺伝子を持っている割合が
高いということになります。時間をかけて飲むようにしましょう。
あるいは無理に勧めてはいけませんね。

飲み屋で披露したくなったでしょ?

Continue reading "酒飲めない遺伝子のルーツ"

|

2011.06.26

栄養成分表示を見る人 見ない人

ほほーと思った記事。

消費者庁の栄養成分表示検討会第5回会合で
国民健康・栄養調査を再解析した結果、食堂等でメニューを選ぶ際に

栄養成分表示を参考にしている人の特徴として
「一次予防よりも早期治療に役立てていると示唆される」
ことが報告された
(週刊保健衛生ニュース1609号P37)
参考にしている人を「参考群」、そうでない人を「非参考群」とすると

以下は消費者庁ホームページ(第5回会合の資料6)から抜粋

  • 参考群は女性の方が多い
  • 男性において、参考群の方が、非参考群に比べ、BMIが高い。また、男性の参考群には、至適・正常血圧群以外の人や医師から糖尿病と言われた人が多い。全体、女性では、その傾向はみられなかった。
  • 全体において、参考群の方が、非参考群に比べ、エネルギー、たんぱく質、炭水化物の摂取が少ない。一方で、食物繊維総量は、参考群で多い。男女別では、男性において、参考群の方が、非参考群に比べ、食物繊維総量、ナトリウムの摂取が多い。
  • 「油の多い料理を控える」「食塩の多い料理を控える」「菓子や甘い飲み物を ほどほどにする」の習慣について、全体、男女別とも、参考群の方が、非参考群に比べ、「できていないし、改善したいとも思わない」人が少ない。
  • 「スーパーマーケット・コンビニエンスストア等での情報提供」「食品メーカーからの 情報提供」「市販食品やメニューの栄養成分表示」について、全体、男女とも、参考群の方が、非参考群に比べ、「必要と思う」人が多い。

議事録の中で解析者のコメントとして
推測としましては血圧が高いとか糖尿病と言われたから
関心を持って栄要成分表示を参考にしているのではないか
ということが考えられます。

すなわち、健康増進といったような一次予防というよりも、
早期治療には役立っているのが現状

特に男性に関しては、リスクが高くなってから
関心も高くなる傾向ということでしょうか。
(一病息災型)

全国あちこちで行われているヘルシーメニュー普及の動き
(これまでは一次予防に役立つと信じられていた?)にも
参考になりそうなデータですね。

「バランスがいい食事」とか「油控えめ」という風な表現より
「血圧が高いと言われた貴男へ」とか「男の糖尿病食」等の
メニューの方が受けるかもしれない(これもマーケティングね)


Continue reading "栄養成分表示を見る人 見ない人"

| | Comments (0)

2011.06.19

1年で5キロ太る島

男女とも日本一肥満比率が高い沖縄県

(個人的にはBMI25を肥満と定義するのは厳しすぎると思うが...)

石垣島に移住して来て、1年で5キロ太ったという人がいました。
特に健康や肥満を意識せずに「普通に」暮らしていたら
あっという間に太ってしまったとのこと。

地元の人でも、学生時代はやせていたのに、二十歳をこえた
あたりからブクブク太りだす人もよく見ます。

これを個人の生活習慣に原因があるとして、「あなたのような
生活を続けていると将来医療費がこんなにかかるのよ!」と
個別に保健指導しても、なかなか効果があがりません。むしろ

どうして太ったと思いますか?

とリサーチして、集団に分布する肥満のリスクを探るべきでしょう。

たとえば

  • 車にばかり乗って、歩かなくなった
  • 運動しようにも、暑くて外に出られない(影が少ない)
  • 運動したとしても、終わったら飲みに行く
  • 日常的に居酒屋に行く回数が増えた
  • しかも、遅い時間まで飲むようになった
  • 気軽に外食やファーストフードを利用するようになった
  • ボリュームのある弁当を食べている
  • 暑いからおやつはアイス
  • 冷蔵庫にはいつも清涼飲料水
  • 魚よりは肉料理が多くなった
  • 野菜はチャンプルーでとることが多い
  • 煮物や焼き物を食べなくなった
  • 行事のたびに親戚まわりで腹一杯ごちそうを食べている
などなど

特に意識することなく毎日を過ごせば、
そりゃ1年で5キロくらい簡単に太るよね。

もちろん上記のような生活環境でも、太らないことに意識すれば
健康的に生活することも可能です(そういう人もたくさんいます)

まずはしつこいほどの情報提供、そして環境を変えるための
関係者との調整をしつこく続けることでしょうか。

Continue reading "1年で5キロ太る島"

| | Comments (0)

2011.06.10

本当に統計史上最速の梅雨明けか?!

統計史上最も早い梅雨明けというニュース
沖縄タイムス「沖縄地方が梅雨明け 統計史上最も早く」
琉球新報「沖縄地方梅雨明け 統計開始後、最も早く」

平年の23日より14日早く、昨年の6月19日より10日早い。
1951年の統計開始以降、最も早い梅雨明けとなった。

たしかに。
気象庁のサイトで見ると、これまでの記録は
1971年と1980年と1996年の6月10日。

しかし。

先週末は、県内各地でハーリーが行われ、県民の多くは

そろそろ梅雨明けヤッサーと思ってたはず。

史上最速という感じがしないなー(暦がおかしいんじゃないの?)
と思って、暦を調べてみた。

カシオ関連サイトにある旧暦カレンダー(高精度計算サイト)
信用して、さきほどの気象庁データを過去20年ほどあてはめてみた(暇)。

 年   新暦 (旧暦)   の順に並びます

  • 2011年 6月9日 (5月8日)
  • 2010年 6月19日 (5月8日)
  • 2009年 7月6日 (5月14日)
  • 2008年 6月17日 (5月14日)
  • 2007年 6月21日 (5月7日)
  • 2006年 6月20日 (5月25日)
  • 2005年 6月27日 (5月21日)
  • 2004年 6月23日 (5月6日)
  • 2003年 6月20日 (5月21日)
  • 2002年 6月21日 (5月11日)
  • 2001年 6月21日 (5月1日)
  • 2000年 6月20日 (5月19日)
  • 1999年 6月23日 (5月10日)
  • 1998年 6月18日 (5月24日)
  • 1997年 6月20日 (5月16日)
  • 1996年 6月10日 (4月25日)
  • 1995年 7月 1日 (6月4日)
  • 1994年 6月23日 (5月15日)
  • 1993年 6月23日 (5月4日)
  • 1992年 6月26日 (5月26日)


  • 1980年 6月10日 (4月28日)


  • 1971年 6月10日 (5月18日)

うり。

というわけで、旧暦で見ると今年は去年と同じで
過去20年のうち6番目の速さ
となります。ユッカヌヒー(旧暦5月4日)が来る前に明けたのは
数えるくらいしかありませんね(宣言しにくいかもne)

Continue reading "本当に統計史上最速の梅雨明けか?!"

| | Comments (0)

2011.06.09

ラジオCM フロス編

歯の衛生週間に合わせて制作したラジオCM
ちょうど今ぐらいの時間(午後1時前後)に流れているはず

音声ファイルは、八重山保健所のホームページにアップします(そのうち)




けんぞう「ただいま~」

カメ  「おかえり、けんぞう。今日は学校で何したぁ?」

けんぞう「歯の勉強をしたよ。歯を強くする方法は、毎日の歯磨きと、
     歯を強くするフッ素と、フロスなんだって。」

カメ  「歯は大事だからねぇ。ばあちゃんは、8020達成したから、
     デンタルフェアで表彰されるさぁ。うれシーサー。」

けんぞう「ところで、カメばあちゃん。フロスって何かわかる?」

カメ  「フロス? あぁ、あの雑誌についてくるものでしょう」

けんぞう「ハハハ、それは、ふ・ろ・く」

カメ  「あぁ、わかった。じゃあ、壁に貼る紙ねぇ?」

けんぞう「それは、ク・ロ・ス。もう、わからんって言ったら?」

カメ  「あー。昔はなかったから、よくわからんさぁ。
     じゃあ、保健所の人に聞いてみようかねぇ」

(ナレーション)
    フロスは、歯と歯の間の歯垢を取り除く専用の糸で、スーパーや薬局
    で買えます。歯ブラシといっしょにお使い下さい。
    八重山保健所からのお知らせでした。


耳に残るCMを目指します。

Continue reading "ラジオCM フロス編"

|

2011.06.04

そろそろ熱中症

Sh3f0074mini


明日は旧暦5月4日(ユッカヌヒー)で、県内各地でハーリーが開催されます。
ハーリー鉦が鳴る頃は「梅雨明けも近い」と言われています。
今朝の石垣の空も日差しもそれを感じさせるものでした。

ハーリーと言えば、梅雨明け。
梅雨明けと言えば、そう、熱中症。
今年もそろそろ熱中症に注意する季節がやってきました。

昨年度は前年比4倍の報告数(42例)だった八重山の熱中症。
特徴をおさらいしてみましょう。

  • 93%は男性、最も多い年代は40代
  • 石垣市在住者が最も多く(83%)、県外の方は7%
  • 発生要因として最も多いのは、作業中(19例)、次いで運動(14例)
  • 屋外での発生が64%。その特徴は...
    • 日光曝露後、2時間以上経過した例が多い
    • 要因別では作業中が17例と、もっとも多かった
    • うち13例は就労中に発生している
    • 10時~20時にかけて発症。12時代にピーク
    • 運動による発生は7例であった
    • テニス、野球、ハーリーなどの運動により発生
    • 10歳未満1、10代2例、20代2例、30代2例
    • 運動は全員男性
  • 屋内での発生は36%(その前の年は0だった!)。その特徴は...
    • 運動中の発生が7例と、もっとも多かった
    • レスリング、バスケット、バドミントン、ハンドボール
    • 10代2例、20代4例、40代1例で、やはり全員男性
    • 就労中は2例(屋内建設工事、工場内)
    • 運動、就労以外の発症要因として...
    • エアコンなし、エアコン温度上昇、閉じこもり、部屋で就寝中等
    • 基礎疾患として、糖尿病、脳血管疾患、パーキンソン病、アルコール依存等を持つ
    • 40代1例、60代2例、70代1例、80代1例と高齢者からの発症が多い(23時以降に2例発症している)
  • 症状としては、脱水症状、けいれん、気分不良を訴える例が多い
  • 受診時の体温としては、36℃台が最も多い。40℃を超す例も5例あった
  • 発症時の天気は「晴れ」、気温は「30.0-31.9℃」での発症が多かった
  • 発生は12時頃が最も多く、受診は17~18時頃に多い
という状況でした(管内の関係者会議では報告済み)

Continue reading "そろそろ熱中症"

| | Comments (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »