« キャリアからの感染にも注意(髄膜炎菌性髄膜炎) | Main | 健康づくり県民運動のキモ? »

2012.01.24

餅とマラソン

八重山に赴任している間に達成したい目標の一つに
サブフォーランナーになる!
を設定した(達成感マラソン参照)

いろんな本を読んでいるうちに、マラソンを走る当日に
お餅を食べると良いというのがあった。
それまでのイメージとしては、餅→消化に悪い→ムカムカ→走れない?
というものだったので、調べてみると...

びっくり!お餅の効能(全国餅工業協同連合)
によれば

メリットの1つ目が、運動中の主なエネルギー源となる
“糖質(炭水化物)”が豊富に含まれていること。

お餅トークというイベントの中でもあの千葉真子さんが

千葉さんはお餅との関係はいかがですか? 千葉さん : 私はいつもレース前にお餅を4つくらい食べていました。 増田さん : 4つも食べるんですか? 千葉さん : はい。多いでしょうか?普通の大きさのお餅です。というのも、マラソンレースを1本走ると、大体3000kcalのエネルギーが必要なんですよ。 増田さん : 3000kcalってかなりですよ。 こばたさん : 運動している30代男性でも一日3000kcalくらいが必要量になります。 千葉さん : ですから、それくらいのエネルギー源を必要とするフルマラソンは、いつも不安なんです。今日走れるかな、最後まで行けるかなって不安で、お餅を食べておくと安心感がありました。消化に良くて腹持ちが良いので、お餅を食べたら自分は行けるというジンクスのようなものがありました。

つまり
餅→消化がゆっくり→持続的に働く→腹持ちがいい

と考えればいいみたい。

1月22日の石垣島マラソン(フル)当日は、朝食後、出発まで
餅を7個食べて、レース中の空腹感によるペースダウンを免れ
目標タイムでゴールできました。

(後半はサブフォー達成レポート→ちょっとマニアックな内容です)

サブフォー達成に向けて日々練習に励み、11年ぶりに挑戦
したフルマラソンは「月の伴走、星の声援」で知られる
伊平屋ムーンライトマラソンであった(2011年10月16日)。

船による輸送と宿泊のキャパシティが限られているため、
大会前日に伊平屋島に渡り、前夜祭は冷たい雨が降る中、
長時間立って歌や踊りを観賞し、無料で振るまわれた泡盛
ベースのカクテル「照島パンチ」を味わった。レース当日は、
出発(午後3時)の3時間前までには昼食を済ませてスポーツ
ドリンクを飲みながら本番を待った。

ちなみに、この時の走破タイムは4時間10分。5km毎のラップは

  • 0-5km: 27:36(1kmあたり 5:31)
  • 5-10km: 28:05(同 5:37)
  • 10-15km: 27:55(同 5:35)
  • 15-20km: 28:20(同 5:40)
  • 20-25km: 28:00(同 5:36)
  • 25-30km: 28:44(同 5:45)
  • 30-35km: 30:49(同 6:10)
  • 35-40km: 33:37(同 6:43)

30kmまではどうにか1km5分37秒のペースを維持したが、
そこを過ぎてからの失速ぶりが顕著である(40km以降は7分超)。
反省点として当時の手帳に書かれているのは

  • 20kmまでは体が軽かったので、当初予定していたペースより早め(2分/10kmほど)
  • 25-30kmは、同じペースで走るのがつらくなってくる
  • 30kmを過ぎると、足が思うように前に進まず、呼吸も荒く、空腹感も。周辺も暗くなり何となく不安感。足の痛み→フォーム崩れる
  • 休憩所で休むことが目的化してしまう

それでも目標としていたサブフォーまであと10分
というタイムだったので、次の目標を3ヶ月後の
石垣島マラソンに設定。それに向けての課題として
  • 前半のペースを抑えること(厳格に)
  • スピードアップのための練習
  • 後半の失速しないための栄養&メンタル対策
とした。

諸事情により、月間の走行距離が140km程度ではあったが、
上の課題を意識して練習し、翌11月の与那国島一周
24kmマラソンでは2時間11分19秒と、前年の記録を
11分短縮することができ、ちょっと自信になった。

与那国マラソン24kmのペース

  • 0-5km: 27:55
  • 5-10km: 28:03
  • 10-15km: 25:23
  • 15-20km: 26:56
  • 20-24km: 22:12(前年はここで26分かかった)

年が明けて本番まであと1週間と迫った日、
一足先にサブフォー入りしたラン友に勧められた岩本能史著
「非常識マラソンマネジメント レース直前24時間で30分速くなる!」
(ソフトバンク新書)を購入。

この本はレース本番に向けた体調や栄養管理が具体的に書かれており

  • 30km以降で「壁」にぶつかりペースダウンする要因は大きく2つあります。
  • 1つは着地時に働いて衝撃を吸収する大腿の筋肉の疲労です
  • もう1つは、血糖値の低下です。エネルギー不足で血糖値が下がり、脳が「もうやめてくれ」と悲鳴を上げているのです

この壁はまさに前走に直面したもので、その解決方法を参考に
レースにのぞんだ。詳細はこの本を買って読むべきだが、
例えば当日の朝、開始1時間までに餅を7個食べ、レース中も
糖質サプリメントを摂取する等を実践した。

 その結果が以下のラップ表である。

  • 0-5km: 28:46(1kmあたり 5:45)
  • 5-10km: 28:42(同 5:44)
  • 10-15km: 28:16(同 5:39)
  • 15-20km: 27:38(同 5:32)
  • 20-25km: 26:28(同 5:18)
  • 25-30km: 26:35(同 5:19)
  • 30-35km: 27:03(同 5:25)
  • 35-40km: 27:56(同 5:35)

最終走破タイムは3時間56分39秒で、念願のサブフォーを達成した。

伊平屋の反省から前半のペースを我慢して抑え、まめに
糖質やアミノ酸を補給することで、一度も空腹感を感じる
ことはありませんでした(とは言っても後半はいつ足が
止まるかが不安でたまらなかった)。

ゴールした時の達成感はハンパなかった^^

Marathonlap
(これを持って走りました)

|

« キャリアからの感染にも注意(髄膜炎菌性髄膜炎) | Main | 健康づくり県民運動のキモ? »