« チャンプルー今昔物語 | Main | 結核がうつるゾウ »

2012.03.29

あずきばっとうの流通経路

岩手県で製造された商品を食べた鳥取県に住む夫婦が
ボツリヌス菌の食中毒で重体になったというニュース

「あずきばっとう」はぜんざいの餅の代わりに平打ちの うどんが入った郷土料理。商品は700グラムと250 グラムの2種類が本県と青森県の一部で流通。
夫婦が食べた商品の入手経路や賞味期限、保存状態などは 不明で、県によると26日現在、同様の被害報告はない。
「あずきばっとう」はほとんどが岩手県内で流通していますが、 夫婦が食べた「あずきばっとう」については、製造年月日や 保存状態、流通経路はわかっておらず、岩手県内を中心とした ほかの購入者から、被害の報告は寄せられていないということで、 県では引き続き調査を進めています。

鳥取県が発表した内容PDF(出典は大分県

東北の親戚が買って鳥取に送ったんでしょうか?

あるいは何らかの形で鳥取まで流れて来たのか?

あるいは通販?など流通経路の解明が待たれます。


ボツリヌス症については、横浜市衛生研究所の解説が詳しい

  • 毒素型の食中毒であること
  • 食品摂取後、8時間から4日(主に12-36時間後)してから発症
  • 症状は、モノが二重に見え、まぶたが下がり、発音がうまくできなくなり、モノが飲み込みにくくなり、のどが乾き、力が入らなくなります。
  • 運動を行う筋肉が動かなくなってしまう運動神経の麻痺が目立ちます
  • これらの症状の前に、嘔吐・嘔気・腹痛・下痢などの胃腸症状がある
  • 四肢で力が入らなくなるのは、右も左も同様に対称に出現します。
    肩から始まり、肩からひじの間、ひじから手まで、腰から膝の間、膝から足までと、体を下降するように進行し、増強します。
  • 呼吸に使われるのは、肋骨の間を張っている肋間筋や横隔膜や腹筋など
  • これらの筋肉が麻痺して動かなくと、呼吸が止まることになり、
    人工呼吸器による呼吸の補助がなければ、死が避けがたいです。
  • アメリカ合衆国では、致死率は5%です。人工呼吸器による呼吸の補助をすることにより、多くの患者は、数週間から数ヶ月で回復します。
  • 吸入して発症する型は生物兵器として開発されたこと(オウム真理教も)
  • 乳児は蜂蜜摂取後にで発症する可能性があること(乳児ボツリヌス症
  • 瓶詰や缶詰食品等での発症が多いこと

などなど(勉強になります)

食品をとらないための呼びかけを全国的に展開すべきでしょう。
(ツイッターを活用している自治体もありました)

米国でのこれまでの食中毒事例も紹介されていました(横浜衛研

  • 刻みにんにく漬けのエクストラバージンオリーブ油漬け
  • イモのアルミホイル焼き(ギリシア料理)
  • 冷蔵されなかった要冷蔵のイモのスープ
  • チリソースの缶詰

|

« チャンプルー今昔物語 | Main | 結核がうつるゾウ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« チャンプルー今昔物語 | Main | 結核がうつるゾウ »