« 春は針刺しの季節 | Main | Tobacco policy interference(情けないタバコ政策) »

2012.04.20

赤ちゃんがタバコを食べたらどうする?

突然、高校生向けのタバコ1,000字コラムを依頼された。
その原稿案(転載フリー^^)



「赤ちゃんがタバコを食べたらどうする?」


○そんなこと自分には関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、大人に
なって家庭を持って家の中でタバコを吸う人がいれば、常にこのことを心配しな
ければなりません。  


○タバコは家庭内での誤飲(誤って食べたり飲んだりすること)事故のナンバー
ワンの座に君臨しています。赤ちゃんは、6ヶ月頃を過ぎると、目の前にあるも
のをまず口に入れて確認するようになります。特に、直径32ミリより小さいもの
は飲み込んでしまう可能性が高く、タバコの吸いがら、ボタン電池、コイン、薬
のカプセルなどが床、あるいは低いテーブルにおいてあると危険です。また、あ
め玉やナッツ類は窒息する可能性もあります。


○赤ちゃんがタバコのまるまる1本食べてしまうと死に至ると言われています
が、実際は口に入れて(こりゃまずいと思って)ペッと出して、泣きます。親は
泣いてる子どもに気づき、口のまわりが吸い殻とよだれでぐちゃぐちゃになって
いる姿を見て、慌てて病院に駆け込みます。病院の救急室では、赤ちゃんの鼻か
らチューブを挿入して、胃の中を洗浄しながら、どのくらい飲み込んだかを確認
し、中毒症状が出ないか入院して経過を見ることが多いです。
これらの処置によって、赤ちゃんは苦しくて大泣きします。その泣き声を聞いて
親も心配になり、泣きます。家の中でタバコを吸う人がいると、家族は常にこん
な余計な心配をしなければなりません。タバコなんて吸わない大人になって、タ
バコのない家庭を築くようにしませんか?


○実際に皆さんが、そういう場面に出会ったらどうしたらいいのでしょうか。家
庭でできることは、誤飲したものを吐き出させる処置です。まず、落ち着いて…
赤ちゃんの口の横から指を入れ、頬の裏をすべらせて、舌の根もとを刺激して吐
かせる処置をします。その際に、吐いたものを再び誤嚥しないように頭を下向か
せることがポイントです。また、吐かせる際に、少量の水を飲ます必要もありま
せん。


○逆に、最も危険な行為は、ジュースの空き缶などを灰皿代わりにして、そこに
吸い殻を入れることです。この場合、ニコチンが液体中に溶け出して、誤飲した
場合すみやかに体に吸収されて中毒症状が出やすくなります。タバコってそれほ
ど有毒なんですよ。

参考データが昔の自分のブログ記事というのも頼りないけど...

赤ちゃんがたばこを食べたら...(ooyake 2004年4月1日)

|

« 春は針刺しの季節 | Main | Tobacco policy interference(情けないタバコ政策) »