« あずきばっとうの流通経路 | Main | 春は針刺しの季節 »

2012.04.04

結核がうつるゾウ

最近よく目にする(気のせい?)結核の集団発生事例。
口之津で15人が結核集団感染

長崎県が医療機関名を公表しない理由は、過去に名前が出たら

この病院の前歩いたら結核がうつるんだよ

という風評がすごかったからじゃなかったっけと思い出しながら
ネットのニュース記事を検索したが、結局見つからなかった。

その代わり、バンコク週報というニュースで気になるタイトルが...

象の散水で結核感染の恐れ

エレファント・ホスピタルの獣医師によれば、
水かけ祭とも呼ばれるソンクラン祭のイベントとして、
象が鼻に含んだ水を人々に吹きかけるというパフォーマンスも
行われているが、なかには結核にかかっている象もあり、
人が結核に感染する恐れがあるという。

結核が象-ヒト感染するなんて、初耳イヤーなどと下らない
ことを考えながら、関連文献を見てみると、CDCにもあった

Elephant - to - Human transmission of Tuberculosis , 2009

ただし実際にヒトが発症したのではなく、ツ反陽転で感染を
判断し、結核に感染したゾウの世話をしたり、部屋が繋がって
いた職場の人は、リスクが増える(RR=20.3)というもの。
直接しぶき(すごそうね)を浴びていなくても、部屋の掃除
などからもエアロゾルを吸入するかもと書いてるので、お世話
をする人間は感染に対する注意が必要なようです。

同じような事例で、8年前に大阪の動物園のサルが結核に
感染した事例を思い出します。

動物園で発生したニホンザルの結核(国立感染症研究所感染症情報センターidsh

たしかあの事例のあと、感染症法にサルの結核を診断した
獣医師さんもただちに保健所に届け出るような法改正まで
進んだと記憶してますが、今回はゾウなんでしょう?

失礼しました

|

« あずきばっとうの流通経路 | Main | 春は針刺しの季節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あずきばっとうの流通経路 | Main | 春は針刺しの季節 »