« April 2012 | Main | June 2012 »

2012.05.17

毒針毛を洗い流す

イーゴーサヌ(かゆい)
午前中はかゆみを我慢しながら仕事した(集中できず)

今朝、空港から自転車に乗って出勤し、机に座る頃から
右前腕及び右脇腹に猛烈なかゆみを覚えた。おや?
かゆみはますます強くなり、右腕が赤くなり、膨疹が
広がった。爪で十字の印をつけてもよくならない(当然)

ふとカバンを見ると、黒とオレンジのジャイアンツカラーの
毛虫が一匹。このカバンを右肩にかけて脇に抱えるように
持っていたので、このかゆみの部位と一致する!

というわけで「毛虫皮膚炎」で検索してみると兵庫医大の
夏秋先生という方の記事を発見

  • 毛虫皮膚炎の発生機序
    ドクガやチャドクガの幼虫には毒針毛(どくしんもう)
    と呼ばれる有毒毛があり、毛虫皮膚炎の原因として
    昔からよく知られている。

    実はアレルギ-反応が関与していることが筆者の
    最近の研究で判明した。

    さて、実際の臨床では、チャドクガの幼虫に触れて
    直ちに痒みや膨疹の出る人、半日以上経過してから丘疹を
    主体とした皮膚炎を生じる人などがあり、臨床経過に個人差がある。

    毒針毛に含まれるアレルゲン成分に対する感作状態が個人個人で
    異なっており、このことが臨床経過の個人差に現れていたのである。

  • 毛虫皮膚炎の対策と応急処置
    毛虫に触れないための日常の対策としては、
    チャドクガの幼虫が発生しているようなツバキやサザンカには
    近付かないことと、庭木の手入れをする時は、長袖・長ズボン
    に手袋を着用して完全防備をすることが大切です。
    毒針毛は衣類にも付着するので、衣服を脱ぐときに毒針毛が
    皮膚に突き刺さって、皮膚炎を生じることもありますので、
    注意する必要があります。

    次に、この毛虫に触れてしまった場合の応急処置について...
    まず、この毛虫に触れた直後であれば、セロハンテ-プや
    ガムテープなどの粘着テープを皮膚に2,3回貼り剥がしして、
    皮膚に付着した毒針毛を除去します。その後、よく石鹸を
    泡立てて、勢いよくシャワ-で流すと、毒針毛の大半が
    除去できます。

    皮膚炎が起こってしまってからの治療としては、
    市販の虫刺され用の塗り薬でも結構ですが、炎症が強い場合は
    ステロイド外用薬を用いる方がよいと思います。
    さらに症状がひどい場合は皮膚科専門医を受診して、
    痒み止めの抗ヒスタミン薬や、炎症を抑えるための
    ステロイドの内服薬を処方してもらう方がよいと思います。

というわけでシャワー浴びに部屋に帰ってきた次第です。

今日の新聞を見てみると
本島南部でガの幼虫、大量発生、かゆみ、発疹も(琉球新報)
ということで、沖縄でも流行っているみたいです。
ガの発生はこれからがピークを迎えるとも書いているので
クワーディーサーの木の下では長袖長ズボンがいいでしょう。

Continue reading "毒針毛を洗い流す"

|

2012.05.09

(八重山)土日もやりますエイズ検査

久々に県内紙(沖縄タイムス)にエイズに関する報道があった。
これを元ネタにガラパに投稿する原稿を書いてみたよ


2011年1年間に我が国で新たに報告されたHIV感染者・エイズ
患者数は1486人で、1日に平均約4人が感染している計算です。
そのうち、発見された時にすでにエイズを発症している人の割合は
約30%に及びます。

エイズとは後天性免疫不全症候群のことで、原因となる
HIVウイルスに感染した後、6~10年の潜伏期間を経て発症します。
最近では治療の進歩によって、発病をできるだけ先延ばしにする
治療が可能になったと言われており、早めに(エイズを発病する
前に)発見することが重要です。

では沖縄県の状況はどうでしょうか?
2011年に県内で新たに報告された数は24人で、前年より10人増加
しました。過去2番目に多い数です。このうち、発見された時に
すでにエイズを発症している人は46%(11人)と全国の値よりも
高く、県としても過去最多の人数となっています。

24人のうち22人が男性で、30代が8人、40代6人、20代5人でした。
その一方で、県内保健所でHIV抗体検査を受ける人の数は最近減少して
おり、ピークだった2007年より約4割少ない年間2316人となっています。
検査を受けるタイミングを逃して、エイズが発症した後に発見された
可能性も否定できません。検査を受けることで、本人の早期治療も
可能になるばかりだけではなく、パートナーへのHIV感染を防ぐという
メリットも期待できます。なぜなら、エイズを発症する前の状態でも、
免疫力が十分普通に活動ができますが、血液、精液、膣分泌液の中に
HIVが存在するため、セックスによって他人に感染させる可能性がある
からです。感染しているかどうかは、検査でしか確認できません。

八重山福祉保健所では、このような状況を受けて、6月1日から7日
までのエイズ検査普及週間にキャンペーンを行います。

「悩むより 受けて安心 エイズ検査 ~無料・匿名・結果即日~」

をキャッチフレーズに据え、期間中は毎日窓口を開設し、
普段は休日にあたる2日(土)、3日(日)も午後1時から4時まで
検査の受付を行います。検査は採血してから約2時間後には結果が出ます。
当日の受付も可能ですが、当日の保健所での混雑(他に検査を受ける方
との接触)を避けるため、できれば前の日までに電話で予約することを
お勧めします。

検査を受ける方が顔を合わせる職員は、保健師のA、検査技師のB、
結果説明医師のCの3名となります。検査料金は無料で、匿名で受ける
ことができます。詳しくはお電話でお問い合わせ下さい(82-4891)。

全国の状況、沖縄の状況を説明しましたが、「八重山には何人いるの?」
という質問を受けることも多いです。現在の報告制度では、
都道府県と年齢、性別以外の個人情報は含まれてないため、
その数を把握することはできません。しかし、それより大切なことは、
セックス以外の日常生活ではまず感染しないことを知り、エイズとともに
生きている人々を差別しない心を持つことだと思います。



Continue reading "(八重山)土日もやりますエイズ検査"

| | Comments (0)

2012.05.04

禁煙しようと頑張っている動物は?(ラジオCM)

Kamekenzo

FMいしがきサンサンラジオの協力を得て、主に石垣市内で
放送されるラジオCM「オモト家の健康劇場」も2年目に突入。

石垣市以外の方はインターネットによる放送が聴取できます
時間は午後1時の少し後

(→サイマルラジオの「音声を聴く」)

登場人物は

  • けんぞう君(健康おきなわ21マスコット=写真左)
  • 於茂登カメ(写真右)

現在は世界禁煙デーに向けたポスター標語募集

応募期間が5月7日まで!なのでラジオCM(募集編)もその日まで
となります。その内容は


けんぞう「僕、なぞなぞ考えたよ。鳥の中でタバコを吸わない鳥ってなぁんだ?」

カメ「あのね、ばぁちゃんは80年生きてきたけど、鳥がタバコを吸ってるのは見たことないよ。タバコを吸うのは、一部の人間だけじゃないの?」

けんぞう「だからこれはなぞなぞってば。ヒントは英語」

カメ「ヒントは英語?うーん、ワカリマシェーン」

けんぞう「答えは白鳥。わたしはスワンよ!」

カメ「なるほど。じゃあ、今後はばぁちゃんの番ね。ヒントはウチナーグチ!」

けんぞう「ヒントの前に、問題言ってよ!」

カメ「あぁ、そうね。動物の中でタバコをやめようと頑張っている動物は?ヒントはウチナーグチだよ」

けんぞう「禁煙しようと頑張っている動物?う〜ん。タバコなんかやめてヤールーと頑張っているやもり?」

カメ「ハハハ、面白いけど、はずれ。八重山でも禁煙外来とか通ってタバコやめてる人も増えてるって聞くけど、これは動物なぞなぞだよ。ヒントはウチナーグチ」

けんぞう「うーん。まいった。降参」

カメ「答えは...」


(答えは↓続きを読むをクリックして下さい)

Continue reading "禁煙しようと頑張っている動物は?(ラジオCM)"

| | Comments (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »