« 石垣島の居酒屋で聞こえてきた禁煙の話 | Main | アルコール誘発喘息 »

2012.06.21

それって後ろ向きだよ、先生。

教職員のメンタルヘルスについていろいろ調べています(初)。

その中で出会った聞き慣れない言葉

イラショナルビリーフ

不合理な物事の受け止め方と表現されるようですが
日本人に多いイラショナルビリーフとして以下が例示されています。
こころの金曜日というサイトから引用しました(謝)
  1. すべての人に愛されなければならない。
  2. 事をなすには、完全無欠であらねばならない。
  3. 人を傷つける人は、人から責められるべきである。
  4. 思い通りにならないと、頭に来るのは当然である。
  5. 人間は、外界の圧力で落ち込んだり腹を立てたりするものである。
  6. 何か危険が起こりそうな時は、心配するのが当然である。
  7. 困難や責任は、立ち向かうより避けるほうが楽である。
  8. ものごとはうまく運ぶべきで、直ちに最良の解決策を見出さねばならない。
  9. 過去は重要であり、感情や行動に、今も影響を及ぼしているのは仕方ない。
  10. 人の拒否・非難にあったから、自分はダメな人間である。

また、教師が陥りやすいイラショナルビリーフとして、北海道同立研究所は

  • 「生徒指導はうまくいかなければならない」
  • 「子どもになめられてはいけない」
  • 「他の先生から指導力がないと指摘されたくない」

を挙げています。

ストレスコーピングの時に習ったフロー

  1. ストレスの原因
  2. ストレスの評価
  3. ストレスの反応(こころ)
  4. ストレスの反応(からだ)

の2番(ストレスの評価)というのは、起こった出来事について
「これは◯◯であるべきだ」と思い込むか、「◯◯になったのは
しょうがないね」と考えるかで、3番、4番の反応が変わってくる
というもの。上のような思い込みがあると
気持ちがみじめになったり、自己否定的・悲観的な考え方に
思い悩むことになる。

学校の先生の中でイラショナルビリーフを持つ人は気持ちが
後ろ向きになりやすいということになるね。

そのような個人的な要因の問題とは別に、職場や組織としての
対応にもいろいろ問題がありそうだ(調べ中)

てっきり先生方は、放課後等は職員室で情報交換等している
と思ってたんだけど、そうでもないらしい。
厚労省、じゃなかった、文科省の検討会議でも

一番問題になったことは、教員たちが誰にも相談できないことでした。
卒業するとすぐクラスを任されて担任になっていく小中学校では
ある意味では教室は自分の教室がお城であって、その城の中に
こもってしまうというマイナス面と、城の中で自由に教育できる
面と両面ともとても怖い問題があります

と委員が指摘している。

なんだ、大部屋で仕事させればいいのに

と直感的には思ったが、そうも行かない事情もあるようだ

もう少し調べてみます
(続く)

ここからは、更新滞っていた言い訳です。

八重山古典民謡の三線を習っているのですが、
6月中旬にコンクールがありまして、その稽古に
燃えておりました。

Yushu


おかげ様で合格しました。

サンシンドクターへの道を進んでます^^

|

« 石垣島の居酒屋で聞こえてきた禁煙の話 | Main | アルコール誘発喘息 »

Comments

サンシンドクターsign03
合格おめでとうございますnote
私も稽古頑張りま〜すpunch

Posted by: komari | 2012.06.21 at 10:17 PM

ありがとう(゚▽゚*)

うどん県での激しい稽古の様子も見てますよ♪

がんばって。

Posted by: titokazu | 2012.06.22 at 07:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 石垣島の居酒屋で聞こえてきた禁煙の話 | Main | アルコール誘発喘息 »