« クドアとザルコ | Main | 石垣市民は「家ランチ」 »

2012.08.31

分析!島の昼ごはん in 八重山

石垣に来た時期、正午のチャイムとともにみんな事務所を出て
いなくなってしまう。

お昼ごはんどうしてるんだろう?
と疑問に思ったものだ。

地元の情報誌「月刊やいま」では、毎月働く人の昼ごはんを紹介していてなかなか
面白いんだけど、それは一部の昼ごはん。

今回、石垣で働く人たちの昼ご飯を調査する機会があり
その結果、

6割が家庭派
という結果だった。 家庭派というのは、家で調理されたものを食べること (自宅で、お弁当として)

類似の調査結果を知らないけど、おそらく本島よりは高いはず。

これについては地元記者がコメント(八重山毎日新聞

八重山保健所が今年2月に市内の14事業所、946人に実施した「昼食の実態調査」で、昼食を家庭で食べる「家庭派」が60%を占め、「買い弁派」の24%、「外食派」の15%を圧倒。職場から自宅が近く、また、移動時に交通渋滞がないことから時間が計算できるという石垣ならではの地域性が出た格好だ。

また、外食する時に気をつけていることについては

Omotoslide3


これは「野菜」が思ったよりも、上位に来た。
野菜が入っているメニューは、健康志向の人には選ばれる
可能性が高いということかしら。→だから野菜そば。

同時に

男性の5人に1人は健康のことを気にせず外食メニューを選んでいる

こともわかった。

お客さんが健康志向を高めるような取り組みと
お店が栄養情報を提供するという取り組みの
2つを連動させながら進める必要があるね。

アクセス無事に70万突破しました。
ありがとうございます。

|

« クドアとザルコ | Main | 石垣市民は「家ランチ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クドアとザルコ | Main | 石垣市民は「家ランチ」 »