« 死戦期呼吸は心停止のサイン | Main | 低体温症の定義(箱根関連) »

2012.12.27

麻しん対策のネクステージ

厚生労働省は平成24年12月14日に麻しんに関する特定感染症予防指針を一部改正
しました。この予防指針は平成20年度から5年間限定(今年度いっぱい)で実施
した3期4期予防接種等の麻しん排除計画開始に合わせて策定されたもの。pdf

今回、この排除計画のおかげで、国内の麻しん患者報告数が減少(平成20年の
11,013件から平成23年の442件へ96%減!)し、低蔓延から排除を目指した改正
内容となっています。

具体的には、平成27年までに麻しんの排除を達成し、WHOによる麻しん排除の認
定を受けることを新たな目標に掲げています。麻しん排除の基準については、こ
れまでの「国外で感染した場合を除き、麻しんの診断例が1年間に人口100万人当
たり1例未満であり、かつ、ウイルスの伝播が継続しない状態にあること」に加
えて、「適切なサーベイランス制度の下、土着株による感染が3年間確認され
ず、また遺伝子解析によりそのことが示唆される」ことが示されていて、この指
標(でも他にもあったと思うけど)を達成したかどうかを観察していくことにな
ります。

具体的には

  • 可能な限り診断後24時間以内に届出、検体を確保して検査診断を行う
  • 1例でも発生した場合は保健所は積極的疫学調査を行う
  • 1例でも発生した場合に周囲の感受性者に対して予防接種を推奨することを
    含めた対応について、国立感染症研究所が手引きを作成する
  • 都道府県は麻しんの診断等に関する助言を行うアドバイザー制度を整備
  • 第1期第2期ワクチン接種率目標95%以上の明確化
  • 第3期第4期ワクチンの時限的接種は終了するなど

が挙げられています。

排除されたかどうかに関して、沖縄県では平成21年10月以降患者報告はなく、こ
の間も全数サーベイランス制度は維持されていると推測されます(2011年の否定
例は38例だった)。また、衛生環境研究所による迅速な検査診断と保健所の追跡
調査により、平成18年から20年にかけて発生した集団発生でも、大きな流行(レ
ベル3)には進展せず封じ込めに成功しています。今後も現状のはしかゼロの状
態を維持しつつ、国の掲げる目標を自治体としても達成できることを目指してい
くと思われます。
 

キリ番ではありませんが、ooyakeおかげさまで開設10年目に突入できました。
1月には業界雑誌に自分で書いた紹介記事が掲載されるようです。
引き続きよろしくお願いします。

|

« 死戦期呼吸は心停止のサイン | Main | 低体温症の定義(箱根関連) »