« March 2013 | Main | May 2013 »

2013.04.25

うちなー手足口2013

流行り始めているので県民に注意喚起したいとのこと。

●手足口病の流行について(Q&Aの案)

  • Q.県内で手足口病が増えていると聞いたのですが、現在の状況は?
    A.県内34医療機関からの報告によると、4月に入ってから手足口病の報告が 増え始め、第15週(4/8の週)で急増しました。地域別では北部と中部です。翌 週(4/15の週)もほぼ同じ水準で推移し、流行が南部でもひろがっています。

  • Q.この手足口病とはどんな症状が出るのですか?

    A.ウイルスによって感染し、主に4歳以下のまだかかったことがない乳幼児
    に罹患します。症状としては、手のひら、足の裏、そして口の中の粘膜に小さな
    水疱があらわれます。38度程度の熱をともなうこともあるようです。通常は1週
    間以内で回復しますが、まれに髄膜炎や脳炎といった合併症が出ることもあります。

  • Q.感染経路は?

    A.咳やくしゃみをするときにしぶき(飛沫)が飛んで感染するパターンと、
    便中に排泄されたウイルスとの接触感染があります。治った後も飛沫は2週間、
    便中には1ヶ月ウイルスが排泄されますので、手洗いの徹底やオムツの処理は慎
    重に行う必要があります。

  • Q.保育園は休まないといけないでしょうか?

    A.乳幼児が多くいる施設などでは集団に広がるおそれがあるため、「熱が下
    がって1日以上経過し、全身状態がよくなるまで(普通に食事ができるまで)」
    登園を控えるべきとされています。

  • Q.薬は?かかったときはどのようなことに注意すればいいでしょうか?

    A.このウイルスに特別に効く薬はありませんので、熱などに対する症状に応
    じた処方になると思います。他のおこさまとの接触を控え自宅で療養しましょ
    う。ほとんどが軽症で1週間以内に回復しますが、まれに合併症があります。経
    過を見ていて、高熱が続くとか、頭痛や嘔吐、意識がトロトロするなどの症状が
    見られた場合は、医療機関を受診するようにしましょう

  • Q.今後の見通し

    A.例年7月ごろをピークとするため、今後も流行が続く可能性があります。
    手洗いを徹底して予防に努めましょう。ウイルスが排泄されている可能性もある
    ので、集団生活をしているところでは排泄物の処理にも気をつけてください。

Continue reading "うちなー手足口2013"

| | Comments (0)

2013.04.23

二日酔いの正体

二日酔いしてるわけではないですが...

4月は歓(送)迎会の季節。といえば避けられないのが酒...の話題
一番大事なことは

飲めない私に飲めなんて、飲めない要求です

というアルコールハラスメントをしないこと(サントリーのCSR

ついでに調べてみると、大手ビールメーカーって軒並み
CSR(社会貢献活動)で適正飲酒の必要性を訴えています。
二日酔いの正体について調べてみると

  • サッポロ
    さらに、体調が悪くなる身体的な症状ばかりでなく、 飲み過ぎたことに対する後悔なども加わって、 気持ちも落ち込んでしまいます。
  • キリン
    肝臓には脂肪が蓄積し、胃腸はアルコール性の急性胃炎、 自律神経のバランスが狂うことによる動悸、 さらには血中の水分や電解質のバランスの崩れなど、 その影響は全身に及ぶことがあります。
  • サントリー
    二日酔いの原因は、要するに飲みすぎ。
  • アサヒ
    二日酔いの原因はひとえに飲みすぎです。翌日の朝までアルコールが残ってしまうほど、肝臓の分解能力以上に飲んでしまうことが原因です

アセトアルデヒドだけのせいではなく、朝になっても代謝されてない
アルコールの作用も重なって全身症状があらわれるというわけ。
もしかしたら、酒臭いのも両者が重なった複雑な成分なのかも。

go.jpとついているeヘルスネットで二日酔いのメカニズムを解説。
→知らなかったこと多数書いてました。

抗利尿ホルモンのこの変化量は、二日酔いの重症度と関係があると示唆されています。

また、二日酔い状態では、ある種の炎症反応のマーカーが高値になることも報告されています。これは消炎鎮痛薬が二日酔いにある程度効果のあるという根拠になっています。

以前から本命とされていた血中アセトアルデヒドが二日酔いに関係していることを示すデータは驚くほどありません。事実、二日酔い状態にあっても、血中にアセトアルデヒドが検出されることは稀です。

たしかに、利尿がついてきたら二日酔いが回復した!
という人も多いはず。これを一つの目安にしましょう。


Continue reading "二日酔いの正体"

| | Comments (0)

2013.04.16

楽観バイアス

結核の学会雑誌で見かけたこのキーワード

出典はこちら

詳細は雑誌をきちんと読むべしだが

自分が結核にかかる可能性を,同年代の女性がかかる可能性に比べて, 有意に低く見 積もる傾向(楽観バイアス)がみられた。

と解説されています。

これを見て思ったのが、目指せ!長寿おきなわ復活で
関係者の方々から頂いたメッセージ

長寿陥落のニュースが流れて
県民全体がショックを受けると思ったら、
意外に自分とは関係ないと思ってるのか
ショックを受けない人が多かった
ということにショックを受けた

御意。
楽観バイアスについては、として
  • 自分は他の人よりも災害に遭うリスクは小さいと考えている
  • 喫煙者は他の喫煙者に比べて、肺がんや他の疾患に罹るリスクは小さいと考えている
  • はじめてバンジージャンプを跳ぶ人は、他のジャンパーより安全だろうと考えている
  • トレーダーは自分は他の人よりも損をするリスクは小さいと考えている

などの場面で見られる。

わったーうちなー県民の多くも
メタボを指摘されても、酒を毎日大量に飲んでも、タバコを吸っていても、
自分だけは他の県民と違って、病気になるリスクは小さいだろう
と考えているかもしれないね。

県内外で広く用いられる「ナンクルナイサー」という言葉も
その前に「まことソーケー(正しいことをし続けていれば)」
という言葉が必須であることも、あんまり知られていないorz

早世県とか30〜60代の年齢調整死亡率が全国平均を上回るとか
マスで健康指標を伝えてもピンと来ないのかもしれません。
早くに大黒柱を亡くした家族や地域のダメージを共有する必要も
あると感じました。


Continue reading "楽観バイアス"

| | Comments (0)

2013.04.08

上海帰りの肺炎

週末緊張感を持ってニュースを検索していた

鳥インフルエンザA H7N9

今のところヒト-ヒト感染の証拠は見つかっていないみたい

これまでの解説記事の一覧

  • NHK解説「H7N9ウイルスとは」4月2日
    国内では、おととし12月に群馬県伊勢崎市の沼で採取された野鳥のふんから、H7N9のウイルスが検出されたことがあります。

    (北海道大学の)喜田特任教授は「H7の鳥インフルエンザウイルスが人に感染すること自体はそれほど珍しいことではないが、これまでは、重症化したケースはほとんど報告されていなかった。鳥と人ではウイルスに感染する細胞の表面の構造が異なるので、直ちに人で感染が拡大するとは考えにくい」と話しています。

  • インフルエンザA(H7N9)のリスクをどう考えるべきか(東北大学大学院押谷教授)4月4日時点→図によるまとめがわかりやすい
    今回のH7N9ウイルスは、現時点では人での大流行につながることは考えにくいが、そのような危険性のあるウイルスではあるというのは事実である。今後の動向を注意深く見守るべきあり、さらにデータをできるだけ早く収集し、人に対するリスクをきちんと見極める必要がある。

  • 朝日アピタル 中国の鳥インフル どう考える?どう備える?(県立中部病院高山義浩先生)4月4日
    ですから、いまのところ一般の方々が、このA/H7N9に対して具体的な対策をとる必要はありません。中国からの旅行者についても同様です。これまで同様にもてなしていただければと思います。

    ただし、医療関係者においては、少し体制を強化した方がよいかもしれませんね。とくに、新型インフルエンザの院内ガイドラインについて、関係者で再確認しておくことをお勧めします。

    もし、A/H7N9が新型インフルエンザであるなら、最初の主戦場が沖縄となることは避けられないと思います。毎年、夏に沖縄で流行しているインフルエンザが、大陸から持ち込まれているであろうことは明らかです。

  • 厚生労働省 鳥インフルエンザA H7N9 について 4月5日設置
    中国の発生地域からの到着時に発熱などの症状がある場合は、検疫所へ相談してください。
     さらに、国内の医療機関に対して、中国から帰国後10日以内に肺炎症状等が疑われる患者を診察した場合は、保健所へ連絡するようお願いしています。

  • 国立感染症研究所WHOのQ&A邦訳随時更新

上海帰りの肺炎への対応は書いているけど、みんなが悩んでいるのは
上海帰りの発熱患者(ウーン)


Continue reading "上海帰りの肺炎"

| | Comments (0)

2013.04.03

肥満県沖縄を象徴する一場面とは?

八重山にいた頃に比べるとページ数が何倍もあって
まるで本か!と思わせる沖縄の新聞。

琉球新報の4月2日のコラム欄(金口木舌)
「生活習慣病改善は大人の責任」では

大人には自らと子どもの生活習慣を改善する責任がある。
ただ、いきなり身構えることはない。健康チェックの目安として
「痩せた?」「太った?」をあいさつ代わりにし、
励まし合う-そんな習慣から始めてはどうか。
と提案している。

コラムの中で指摘しているのが

家族でファストフードにドライブスルーに行く

これが肥満県沖縄を象徴する一場面であると。
(もしかしてこれも本土では非常識?)

沖縄で育った子どもたちは、休みの日にドライブに行って
ファストフードに入りドライブスルーでハンバーガーを買って
そのまま車で食べることに何も違和感を持たないでしょう。

たしかに日曜日のお昼前になると、うちの近くのお店でも
ドライブスルーに入れないで道にあふれる車が出るくらい。
アメリカンドライブインの方がまだ落ち着いて食べれるかも。

いやいや、ご飯の前には手を洗うという習慣も忘れてしまうので
外食するなら、お店に入って野菜の含まれるメニューを注文して
(野菜そばとか)、手を洗ってから食事しましょう。

Continue reading "肥満県沖縄を象徴する一場面とは?"

| | Comments (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »