« カムバック!長寿県(オキナワグラフ7月号) | Main | 勝ち急ぐ人、勝ち急がない人 »

2013.07.19

すべての政策に健康を!

これぞ、県庁仕事の醍醐味!

だと思うんだけどなぁ。

タイミング良く回覧で回って来てくれたISAについての
情報(ありがとう!公衆衛生情報)



多部門連携による保健事業(intersectoral action for health)という用語は、
保健セクターが、他の政府機関や非政府セクターとの連携により公衆衛生および
ウェルビーイングを改善し、健康に対するリスク因子に取り組み、健康の公平性
が確実に達成できるよう業務を行うことを表す際によく用いられます。

地方自治体は都市部のさまざまな健康決定因子について直接的な影響力を持つこ
とが多く、教育、交通、環境、、都市計画などの重要な分野において政策や実施
計画に影響を及ぼすことが可能です。また、住民との距離が近いという点等にお
いて有利性があるため、市町村はNCDの予防と管理に統合的なアプローチを用い
るのにふさわしい位置にあります。

しかし、地方レベルでのISAの展開は、資金、政治的な医師、他のセクターにお
ける当事者意識の欠如やその他の問題点によりセクター間の協働作業は複雑にな
ります。したがってNCDに対する多部門連携による保健事業が確実かつ効果的に
実施・維持されるためには、さらなるエビデンスや実践的なガイダンスが必要と
されています。

WHO神戸センターで2011年に開発した手引きは以下の通り

  1. 自己評価
    リーダーとなるセクターの能力、即時対応性、他のセクターや関連する政府間機
    関との既存の関係性が評価される。またスタッフの能力を強化することも大切。
  2. 他セクターの評価およびエンゲージメント
    健康影響評価(Health Impact Assessment)という手法で他セクターを評価。それ
    ぞれの該当団体に多部門連携の担当係を設置させるなど共通の情報システムを確
    立する
  3. 該当分野の分析
    非集計分析(区域別分析など)を用いて事例を示すことは、当該セクターの方針
    がどのように健康に影響を及ぼしえるかを量るために非常に役立つ
  4. エンゲージメント・アプローチの選択
    相手によってエンゲージメント・アプローチを選択。便宜主義的なアプローチや
    公衆衛生上の優先事項に限定したアプローチ、さらに教育部門や都市計画、交通
    部門といった健康への影響が非常に強いパートナーをセクターに選択。
  5. エンゲージメント戦略と方針の策定
    問題点を分析し、エンゲージメント・アプローチを選択したあと、ISAの戦略や
    方針を策定。
  6. セクター間で共通の理解を促進するための枠組みの使用
    ISAを成功させるために重要な点は共通の理解をもつことで、そのために
    Dahlgren and Whiteheadによる枠組みが用いられることが多い。
  7. ガバナンスの構造、政治的意思、アカウンタビリティ・メカニズムの強化
    ISAをサポートするために(1)さまざまな種類の多部門連携委員会、ネット
    ワークなどの構造(2)計画及び優先事項決定プロセスなど(3)経済的支援、
    助成金などの経済的ツール(4)法律、規則、プロトコール、アカウンタビリ
    ティ枠組みを用いる
  8. コミュニティ参加の促進
    市民参加(パブリック・エンゲージメント)では方針を決定する時期に1回限り
    にとどまらない協力が必要になる
  9. 多部門連携による保健事業を育成するために他のすぐれた実践例を選択する
    他のセクターと良好な関係を構築するために、他のセクターの方針やイニシアチ
    ブにおける仲介役となること等を行う
  10. モニタリングおよび評価
    ISAのプロセスにおいてもモニタリングや評価の実施が重要なので、ベースライ
    ンデータを確実に入手することが重要です。進捗状況に関する定期的な報告は、
    政治的および公的な支援のさらなる確保のために非常に有用です。

ひとつひとつの言葉の意味もわからないけど、実際の
集まりを開く際は、このステップを意識して取り組みたい
と思いまっする。

79万アクセス大感謝^^

|

« カムバック!長寿県(オキナワグラフ7月号) | Main | 勝ち急ぐ人、勝ち急がない人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カムバック!長寿県(オキナワグラフ7月号) | Main | 勝ち急ぐ人、勝ち急がない人 »