« すべての政策に健康を! | Main | 島野菜と機能性と食品表示 »

2013.07.23

勝ち急ぐ人、勝ち急がない人

夏の甲子園2013の沖縄県予選は昨日、沖縄尚学高校の優勝で
全日程を終了。決勝は沖尚がリードを保ったまま逃げ切った。

今大会を振り返って(解説者か!)途中まで勝ってたのに
終盤逆転されたチームのコメントに共通点を発見。

    >
  • 北中城高校は沖尚高校相手に9回1死まで1対0でリードしていたが、残り二人となったところで投手が「勝ち急いでしまった」ため、四球→三塁打→ヒットで2点を奪われ、逆転サヨナラ負け。
  • 準決勝で八重山高校は8回2死ランナーなしまで3対0と美里工をリードしていたが、「勝ち急いで」しまい、そこから連打を浴びて7点奪われて、ベスト4で敗退

どちらも惜しい試合でした。これをみてて勝ち急ぐことが
パフォーマンスの低下にそんなに影響するか(あるいは相手
につけいる隙を見せることになる)ということで、前々から
本屋でチラ見して気になっていた本を買ってみた。

勝負脳の鍛え方(林成之著:講談社現代新書1861)

この本(結構読み応えあり!)の中では
サイコサイバネティックス理論を説明

  • 目的と目標を明確にする
  • 目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する
  • 目的を達成するまで、その実行を中止しない

目的:試合に勝つ
目標:目の前の打者を打ち取る

とした場合、リードしたまま試合終盤になって勝ち(目的)を
意識したばかりに、それまで実行してきた目標達成の方法が
すこし狂ってしまったということでしょうか。

この本では他にイメージ記憶のことをゴルフのパッティングで
カップまでの透明な線をイメージしても、外してしまうことが
よくある。大事なことは

答えはカップインではなく、ボールの転がり方をイメージして
打つことです。(中略)。よいボールの転がり方をイメージすれば
モジュレータ機能がちゃんと働いて正しいパッティング姿勢になり
パターの芯でボールが打てるのです。
らしい。

ゴールを意識すると脳はサボり始めるという記事
にも書いたように

一瞬の油断や不安な気持ちが運動能力の低下に結びつく

ということも肝に銘じておくことも大事。

マラソンも脳に負けるかどうかがカギと言われているので
そのつもりで読み進めて行きたいと思います。

|

« すべての政策に健康を! | Main | 島野菜と機能性と食品表示 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« すべての政策に健康を! | Main | 島野菜と機能性と食品表示 »