« 想定問答「どうして野菜を食べないのか?」 | Main | 結成!うちなー健康長寿党 »

2013.09.02

どこか痛いところないですか?「ロコモ...」

(島言葉のあいさつ)
旧盆ぬ終わてぃ、やまとぬくゆみぃ9月なてぃ、
暑さん、うふぇー、しぬぢやしくなてぃちょーいびーん。
ぐすーよー、うがんじゅーさーちみせぃびーがやーさい。
毎月7日は県民健康の日、なとーいびーん。
みーしっちょーてぃ、うたびみしぇーびり。

(和訳するとこんな感じ)
旧盆も終わって9月に入り暑さも幾分しのぎやすく
なってきましたが、みなさんはお元気で過ごされて
いますか。毎月7日は県民健康の日です。
以後お見知りおきをお願いします。

詳しい解説はできませんが(島言葉)、出典は方言ニュース
なので、間違いはないでしょう。

健康長寿はみんなの願い。厚生労働省は昨年健康寿命の
算定方法を発表しましたが、「生存期間を健康な期間と
不健康な期間に分け、集団における各人の健康な期間の
平均を求めると、これが健康寿命の指標となる」と定義
しています。では不健康な期間とはどういう状態か?

  • 日常生活に制限のない期間の平均
  • 自分が健康であると自覚している期間の平均
  • 日常生活動作が自立している期間の平均 (要介護2〜5に該当する状態)
となっています。
自立度の低下や寝たきり、つまり要支援・要介護状態は 健康寿命の最大の敵です。そしてその要因の第1位は 「運動器の障害」だということをご存知ですか? 要介護や寝たきりは、本人だけでなく家族など周囲の人 にとっての問題になります。自分のみならずあなたの 大切な家族や友人などのためにも運動器の健康を 維持しましょう
ロコモチャレンジホームページ) 日本整形外科学会では2007年にロコモという概念を 提唱しています。
筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった 運動器の障害のために移動能力の低下をきたして、 要介護になっていたり、要介護になる危険の高い状態を 「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、 和名:運動器症候群) 」といいます。

50歳以上の半数が予備群と言われ、予防は40代から必要と
言われているロコモ。そのためのチェックリストを紹介。
以下の7つの項目のうち、1つでも当てはまればロコモの
心配があるそうです。

  1. 片脚立ちで靴下がはけない
  2. 家の中でつまずいたりすべったりする
  3. 階段を上がるのに手すりが必要である
  4. 家のやや重い仕事が困難である
    (布団の上げ下ろし、掃除機の使用など)
  5. 2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
  6. 15分くらい続けて歩くことができない
  7. 横断歩道を青信号で渡りきれない

当てはまる方は気づいた時から、通称ロコトレを開始
しましょう。

  • 片脚立ち(机に手をついて片足で1分間立つを左右3回づつ)
  • スクワット(机に手をつかずに立ち上がる動作でもよい。1セット5〜6回を1日3セット)

大事な概念だけど浸透がイマイチと呼ばれているので、
中年期からさらに啓発しましょう。

この坂を 登れなければ コロモかも
(駄!)

|

« 想定問答「どうして野菜を食べないのか?」 | Main | 結成!うちなー健康長寿党 »