« September 2013 | Main | November 2013 »

2013.10.24

脂肪(あぶら)を減らそう沖縄県

うちなーんちゅにとって、健康長寿県回復のための
わかりやすいメッセージはないかと宿題を出され、

脂肪(あぶら)を減らそう沖縄県
という案を検討中。

内容は

  1. 食事のあぶらを減らす
  2. 体に貯まったあぶらを減らす
  3. 肝臓のあぶらを減らす

1は、食事中の脂肪の割合が高いので、あぶら控えめに
しましょうということ。でも具体的な方法としては、
野菜が多く盛られた食事を選択しましょう(作りましょう)

ということになる。あと、食事のときは
まずは、野菜を先に探してから食べる

2番はずばり体重を減らそうということ。個人で、家族で
職場で、地域でというふうに、体重を意識した生活が
広がって行くことが目標。すなわち

1日1回は体重計に乗ろう

運動のイベントに参加したらご褒美が貰えるしくみも
広げたいところ。

3番は、知らず知らずに多量飲酒している県民が多く、
健診でも肝機能障害がもっとも多いという課題から

待ち時間にAUDIT

みたいなスクリーニングと、適正飲酒啓発ツールを
増やしていく。

油喰坊主(アンダクェーボージャー)というヒーロー伝説
もあるけど、これからは油控坊主(アンダヒカエボージャー)
になってもらわないと。

こないだのあいさつ文の原稿(一部改変)もついでに
載せておきます^^

Continue reading "脂肪(あぶら)を減らそう沖縄県"

| | Comments (2)

2013.10.14

ニコニコペース^^

ランニングを始めてちょうど3年経過。
今シーズンの目標は

  1. 12月1日の第29回那覇マラソンに出て
  2. 安田美沙子並みのタイムで走り、
  3. 新聞(沖縄タイムス)に掲載された自分の名前を
  4. 翌日の職場で確認すること

です。難易度高い目標ばかりですが、今のところ1番
は達成できそう(申し込みしたということね^^)

ランニング雑誌(ランナーズ11月号)をぱらぱらめくっていると

ニコニコペース
という文字が。

保健所に入りたての頃(15年前くらい)、ニコニコ健康教室
という講座を開いていて、そこで習った覚えがある。
ニコニコペースについては(出典は西日本新聞の記事

息がさほど弾まず、心臓の動悸(どうき)も激しくならずに
数時間楽に続けられる比較的軽い全身運動。
笑顔を浮かべ、おしゃべりしながらでもできることから
名付けられた。体力を表す最大酸素摂取量の50-60%
ほどのエネルギーを消費する程度とされ、具体的に
どのぐらい運動するかは人それぞれ。

提唱者の田中宏暁先生
このニコニコペースでできるスロージョギングをお勧めしている。

  • 年齢性別運動経験不問
  • その場で足踏み
  • かかとではなく、指の付け根でしっとり着地
  • 足踏みに慣れたら歩幅10cm程度ずつ忍び足で前進
  • 息切れせずニコニコ、話しながら走れるペースで
  • 1日10分からスタート(最終目標は1時間ほど)
  • 辛ければ、1分走って、1分歩く

youtubeで見ても確かに小刻みランニングのようです。その他にも

ウォーキングは節約型の運動であるため、歩いているとき お尻(大臀筋)を触っても硬くなりません(使ってない) 一方、どんなにゆっくり走ってもお尻は硬くなります。
とか
沖縄の人は良く言えばおおらかだけど、全体的にアバウト。 キツイことをしたがらない県民性なので、誰でも楽に走れ 根性を必要としないスロージョギングは沖縄の人に合ってる と思います(ハートライフ病院宮平工先生のコメント)
など、仕事にも役立ちそうなないようでした。

近々本も出るようなので購入予定カートに入れとこう

Continue reading "ニコニコペース^^"

| | Comments (0)

2013.10.06

ぐそーの平均年齢

ぐそーがね 若返ってるらしい わがうちなー

新聞社の川柳に応募したら掲載され、賞もいただけるとか^^

お盆の前に墓掃除をしていて、おじーおばーにウートートー
と昔から言われてきたけど、実は若くして亡くなった人も
増えてるのではないか。いや、でももともと高齢人口割合が
低いんだから、平均年齢だけ計算しても若いのは当たり前。
だったら年齢調整しないといけないけど、ぐそーの標準人口
ってどうやって計算するんだろう... などなど考えてるうちに
思い浮かんだ句でした。

健康長寿おきなわ復活は、「早世おきなわ」から脱却できるか
どうかにかかっています。

沖縄県働き盛り男性が他県と死亡率で差をつけられた主要
要因が肝疾患。その内訳はウイルス性よりもアルコール性
が非常に多いという特徴がある。

5日土曜日の沖縄タイムスがんじゅーまーるのコーナーでも
琉球病院のアルコール依存症患者への早期介入の取組みが
紹介されていました。宮古島では20-60代の人口32000人
のうち、4200人がアルコール依存症の疑いと言われるので
その人たちの受け皿あちこちに作らないといけないことは
確かです。

これまでは沖縄県民に酒飲みが多いという客観的なデータ
が少なかった(探しきれなかった)が、今回の宮古保健所
データでは

  • 男女ともに未成年飲酒がある
  • 1回あたりの飲酒量が多い(男性20-50代、女性20代)

ということも明らかになりましたね。

巻末のような悩みを持っている人も依存症が強く疑われます。
こんな人って多いはず。
このような人に効果的に介入する方法を考えるのも課題ですね。

Continue reading "ぐそーの平均年齢"

|

« September 2013 | Main | November 2013 »