« 脂肪(あぶら)を減らそう沖縄県 | Main | リーダーシップとフォロワーシップ »

2013.11.01

「おあいそ!」「お一人様2500カロリーです」

健康長寿復活のためにあったらいいなシリーズ(なんだそれ)

沖縄県は居酒屋文化。
居酒屋に行くと通常つまみを次々を注文し、テーブルには大皿
で運ばれてくるもんだから、誰がどれだけ食べたかを計算する
のは容易ではない。たとえメニューにカロリーが書いてあった
してもそれまでに注文したものも合わせて計算するのは至難の
技(酔ってるし)。

そこでご提案。

最近流行のiPadみたいなデバイスで注文するセルフオーダーの店。
「生一丁!」と言っても店員は反応せず、「入力お願いします」
と返事される(場合もある)が、経営面からは効率よさそうな
システム(こんな感じ

このシステムにメニューのカロリーや栄養成分をインプットして
おけば、その時点でのテーブル全体のカロリーもわかるし、人数
ごとの割り勘ならぬ割りカロリーも計算できるはず(ただし誰が
どれだけ食べたかの計算はムリ)。

だから

今日は5人でつまみ6000カロリー以内にしようね

と設定すれば、上限に近づくとアラームでお知らせすることも可能。
まあ、店にとってはそんなシステム作ると注文が減ることを心配
するでしょうけど、ヘルシー志向のお客には受けるのではないか?
などなど。

飲み物については、

飲み干したジョッキは持って行かれるので、爪楊枝かなにかで数える?
泡盛の水割りもどんだけ飲んだかわからなくなるので、あらかじめ
ピッチャーに割っておいて何杯飲んだか数えるとか...これは宿題ね^^;

参考記事(あまり関連しませんが)

健康づくり施策に事業評価導入 健康長寿おきなわ復活推進本部
琉球新報

健康づくりの視点を入れることで、効果が期待できる既存事業として、
健康データベースを利活用した健康支援事業、企業の健康づくりの推進、
運動しやすい道路や公園整備、児童生徒への健康教育などが提示された。

|

« 脂肪(あぶら)を減らそう沖縄県 | Main | リーダーシップとフォロワーシップ »