« 在宅医療vs栄養ケア | Main | Let's 健康おきなわ21のCM »

2014.02.24

「禁煙外来に行く人はゴマンといる」作戦

2014年2月19日放映QAB
あぶない長寿の島 たばこをやめるには...

喫煙者である記者に取材を受けました

草柳記者「突然ですが、私、喫煙者です。(首から札)
体に悪い悪いと言われつつも、なかなかやめることが出来ません。」

まずは基本となる「喫煙率」です。
男性は年々減少していて、30.6%。女性はほぼ横ばいで7.8%。
いずれも全国平均よりも低い数字です。

喫煙率は高くないのにどうしてCOPDの死亡率が高いのかと
質問を投げかけられました。いくつか説があるなかから
次のように回答。
慢性閉塞性呼吸器疾患と言いまして、肺気腫であるとか、
肺の組織が徐々に壊れていく疾患です。90%以上はたばこが
原因というのが分かっております。必ずしも喫煙率が高い
というわけではないですので、今言われているのは、
子供の頃というか若いころから多く吸っている人が多い
んじゃないかとか、
あるいは一人の人、いわゆるヘビースモーカーですね、
が多いんじゃないかという説がありますがこれはちょっと
詳しいデータは出てきていません

Qab
取材では現在喫煙者である記者が取材もかねて禁煙外来を
受診する(薬ももらう)というものでした。

平成23年は沖縄県で5200名余りの方が禁煙外来を 受診していますので、県としましてはタバコをやめたいと 思っている喫煙者の方は、早めにこの禁煙外来を受診する ようにするなどのアクションを取っていただきたいと。

という一番訴えて欲しいこともきちんと放送されていました。
今は年間5000人ですが、数年後には「ゴマン(五万?)といる」
と言えるように毎年この数をモニタリングしていきます。

モニタリングの方法については以下のサイトの医療機関に
国への定期報告の数を教えてもらうことにしています。

県内で禁煙治療に保険が使える医療機関(健康増進課)

その他の理由(COPDの死亡率が高い)としては、個人的には

  • 医師が比較的しっかりCOPDを診断している
  • 沖縄県で復帰前に売られていたタバコの健康影響

などもあると思っています。

どうでしょうね。

|

« 在宅医療vs栄養ケア | Main | Let's 健康おきなわ21のCM »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 在宅医療vs栄養ケア | Main | Let's 健康おきなわ21のCM »