« 起承転結健康長寿 | Main | 輸入麻しんをひろげない! »

2014.03.31

タバコの消費税

明日から消費税が8%に上がってしまいますが、
タバコに関してはもっとあげた方がいいようです。

毎年5月31日の世界タバコデーのテーマを調べてたら
そんなことが書いていました。

here


Raise taxes on tobacco

タバコの税金を引き上げよう!

The global tobacco epidemic kills nearly 6 million people each year, of which more than 600 000 are non-smokers dying from breathing second-hand smoke.

世界では毎年600万人がタバコが原因で死亡し、そのうち60万人以上は受動喫煙によるものである。

Unless we act, the epidemic will kill more than 8 million people every year by 2030.

私たちが何もしなければ、死亡者は2030年までに毎年800万人に達するでしょう。

More than 80% of these preventable deaths will be among people living in low-and middle-income countries.

これらの予防可能な死亡の80%以上は、低〜中レベルの収入の国に発生する。

For World No Tobacco Day 2014, WHO and partners call on countries to raise taxes on tobacco.

2014年の世界タバコデーにあたって、WHOと関連機関は各国にたばこ税を引き上げることを提唱します。

Reduce tobacco consumption, save lives

タバコの消費を減らすことは命を守ること!

Under the WHO Framework Convention on Tobacco Control (WHO FCTC), countries should implement tax and price policies on tobacco products as a way to reduce tobacco consumption.

タバコ規制枠組み条約では、各国はタバコの消費を減らすためにタバコの税や価格に関する政策を行うべきとされています。

Research shows that higher taxes are especially effective in reducing tobacco use among lower-income groups and in preventing young people from starting to smoke.

研究によれば、タバコの価格があがるととくに低収入層の間の喫煙率が減少し、未成年の喫煙をはじめるきっかけを予防することに効果があります。

A tax increase that increases tobacco prices by 10% decreases tobacco consumption by about 4% in high-income countries and by up to 8% in most low- and middle-income countries.

タバコの価格が10%あがるように税を設定すると、高レベルの収入の国では4%の消費減、低〜中レベルの収入の国では8%の消費減につながります。

Furthermore, increasing excise taxes on tobacco is considered to be the most cost-effective tobacco control measure.

さらに、タバコの消費税をあげることはタバコ規制策としては費用対効果が期待できます。

The World Health Report 2010 indicated that a 50% increase in tobacco excise taxes would generate a little more than US$ 1.4 billion in additional funds in 22 low-income countries.

世界健康報告書2010では、タバコ消費税を50%あげれば22の低レベル収入の国で少なくとも14億ドルの収入が生じることが示されています。

これを保健政策に充当した場合、これらの国で50%増の予算増につながります。

The ultimate goal of World No Tobacco Day is to contribute to protecting present and future generations not only from the devastating health consequences due to tobacco, but also from the social, environmental and economic scourges of tobacco use and exposure to tobacco smoke.

世界タバコデーの究極のゴールは、現在そして将来の世代の人々の健康をタバコの害から守ることだけでなく、タバコによる社会、環境、そして経済的な災難から守ることも含まれています。

Specific goals of the 2014 campaign are that:

2014年のキャンペーンの目標は以下の通りです。

governments increase taxes on tobacco to levels that reduce tobacco consumption;

政府がタバコ消費の減少につながるような税の引き上げを行うこと

individuals and civil society organizations encourage their governments to increase taxes on tobacco to levels that reduce consumption.

個人や市民団体が政府に対してタバコ消費の減少につながるような税の引き上げを促すこと


850000のアクセスに感謝しつつ
新年度もがんばりしょうね

|

« 起承転結健康長寿 | Main | 輸入麻しんをひろげない! »