« May 2014 | Main | July 2014 »

2014.06.23

路上寝イエローカード

石垣島で年間の路上寝が568件ということで対策会議が
開かれたというニュース(八重山毎日新聞

出席者からは路上寝込みの防止をうたった条例の制定を
求める意見が多数あり、市や県、八重山署などが調査・検討
していくことになった。

発生場所は美崎町が全体の32%で最も多く、発生は週末に集中。
年齢は30代が多かった。

FMいしがきサンサンラジオでは「今日の路上寝情報」を番組の中で
毎日報道していました。

なんと4月からは路上寝イエローカードを出してるとこと
Nikkansports

八重山署は今月から警告活動を始め、17日までに
石垣市の33~44歳の男女4人に警告書を出した。


(追記)

イエローカード導入は宮古が先のようですね(→宮古毎日記事

取り組み開始してわずか6日間で、すでに11件が対象となった。



でも路上寝は先島だけの問題ではなく、多量飲酒は沖縄全域で
展開されている。ちょっと前の沖縄タイムスにグラフが載って
いたので、啓発のため転載しますね。



Pickh20140506_a0027000100500002_r


5年間で1200件の増加という記事(沖縄タイムス2014年5月6日

今朝の琉球新報にも
南風原町のスーパーで酒に酔って寝ていた男性(51)が
自動車と見られる車両にひかれ、左腕と肋骨の骨折という
記事が載っていました。6月22日朝10時。

Continue reading "路上寝イエローカード"

|

2014.06.16

肥満の新基準

取り戻そう!健康長寿おきなわ
を合い言葉に、会議やらイベントに追われていて
フォローするのを忘れていた 日本人間ドック学会の新基準問題。

一週間前のNHKでも医師会が批判してると報道していましたね。
NHKかぶんブログ

肥満度を表すBMIの値も、現在の男女とも、25までが
男性は27.7まで、女性は26.1までとなりました。

このため日本医師会は「医療現場は大きな混乱を来している」などと
批判していて、新たな基準値をどう扱うのか関連する学会との間で
慎重な検討を行うよう求めました。

これを受けてか、日本人間ドック学会では
新基準を発表するに至った経緯説明用の資料をアップ

その中で図を使って説明してる部分を抜粋(例は血圧)。

Supernormal

これを見ると今回の基準は、病気の発症リスクが高まる
予防医学的閾値ではなく、健康と判断された人のなかで
正規分布からはみだした人の基準となる。

でもそもそも健診すべて異常ない人については、ooyakeの
Are you スーパーノーマル?
でも書いたように全体の7.8%(約12人にひとり)しかいない。

那覇マラソンに例えると4時間9分以内で完走するランナー
というくらいの少数派。その中で基準からはみ出てるから注意 してねというための基準?(A判定だけど油断するなよ的な)

てかBMIが25を超えた時点で、この人はスーパーノーマルには
該当しないんじゃないの?などなどよくわからなくなったので、
もう少し整理してみます。

Continue reading "肥満の新基準"

|

2014.06.08

LGBTと自殺

平成23年から24年にかけて全国的に自殺者が減少したことが
わかっています(H25内閣府の自殺白書
沖縄県でも久々に300人を割り、自殺死亡率という指標でも

特に沖縄県、香川県、和歌山県、鳥取県では6ポイント以上低下している。
となったようです。

ただしH24からH25にかけては同じ減少傾向は続かず、逆に少し増えて
しまったので、今後の動向は要注意。自殺に関してはいろいろな原因が
複合的に関係していると言われるけれど、忘れてはいけない視点が性的
マイノリティ(LGBT)の方々と自殺の関係。

東京都人権啓発センターのTOKYO人権というサイトでは

「家族にさえ理解されず、子どもの頃から“オカマ”などと
いじめられ続けることで染み付いてしまう自己否定感。
社会に受け入れられていない孤独感…。それに、人生設計を
見いだせず、将来に希望を持てないことも生きづらさの一つです」

研究からわかったのは、日本のゲイとバイセクシュアルの
男性の中には、そうではない男性の約6倍もの自殺未遂経験者が
いることでした。
などとわかりやすく解説。
「いるかもしれない」と意識して対策を講じることが大切と
しています。

関連して
NHKオンラインで特集がありました(自殺と向き合う

同じくNHKのLGBT特設サイトでボクとカレの「うつ」日記が
連載されていました。

「いるもの」と意識して取り組みましょう。

Continue reading "LGBTと自殺"

|

2014.06.01

深夜割り増し料金

ラーメン屋で読んだ沖縄タイムスの大弦小弦
ネットにも載ってました(^^)

肥満につながる特定の商品(ポテチとか)に課税する肥満税の紹介。
この税を指示する人は意外と多いんだけど、

特定の商品を対象とする荒療治には異論もある

のは確か。

それよりも、早くおうちに帰るようにと、深夜に飲食する、
あるいは買い物する場合は、日勤帯よりも割り増しにすれば
いいのではないかと思ったりもする。

そういえばタクシーは夜10時を過ぎたら全国一斉に割増料金の
表示がされるなぁと思ってググってみる。タクシーサイトという
サイトでは1970年から早朝や深夜の割増しが導入されたようです

その理由は労働基準法の深夜労働に対する手当

使用者が、午後10時から午前5時まで(厚生労働大臣が必要であると
認める場合においては、その定める地域又は期間については午後11時
から午前6時まで)の間において労働させた場合においては、
その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の2割5分
以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

のようだ。ならば、飲み屋でもスーパーでもコンビニでもあてはまる?
タクシーと同じようにすると、夜10時からは深夜割増しメニューに
シフトして、売上げは従業員の賃金に還元される。

ちょっと難しそうね^^;

6月もがんばりましょう(更新も)。

そういえばキリ番860000アクセス超えました。感謝です。

Continue reading "深夜割り増し料金"

|

« May 2014 | Main | July 2014 »