« インクフェクション(Tattoo induced skin infection) | Main | むらのやくいんがほっぺたまわしでまわってきた »

2014.07.19

ワーファリンvsリファンピシン

81万アクセスを超えて初の投稿
(いつもありがとうございます)

いわゆる薬局DOTS導入に向けた調剤薬局向けの研修会で
聞かれた質問

  • 心疾患があってもともとワーファリンを服用していた患者さん
  • 結核の治療のためにリファンピシンを開始した
  • その後脳梗塞を発症してexpired
  • 両者には関連があるのではないか

研修会の途中で調べ学習(耳は講義をききつつ^^)

ワーファリンについてはeisaiが発行している
ワーファリン適正使用情報第3版がある(なんと750ページ超)

リファンピシンとの相互作用については

本剤の作用を減弱する(リファンピシンの添付文書に併用注意の記載がある)

併用時の注意は
明らかに強い相互作用があることが認められている。
併用開始 1 週間以内には、ほとんどの患者で相互作用が
発生すると思われる。
ゆえに、この間の血液凝固能の変化に注意し、その値により
本剤を 2~3 倍に増量する必要がある。
また、リファンピシン併用中止後、本剤の作用は 1 週間以内で
回復すると思われるので、本剤を減量すること。
ただし、必ず血液凝固能検査を実施して本剤の投与量を決定すること。

作用機序については
リファンピシンが肝で本剤の薬物代謝酵素(CYP3A4、CYP2C9 等)を誘導する。

とのこと。インタビューフォーム
にも
併用注意のリストに掲載されています(併用禁忌ではない)

症例の詳細についての情報がないため、他に影響した要因の
可能性もあるが、上記の2剤については以上のような相互作用
があるということ。

と回答。

他にも調剤薬局日記のようにワーファリンの相互作用について
記載している薬剤師さんは結構いますね。

ooyakeというブログは、こうやって調べ学習した履歴を
ネットに残すというスタイルで始まったことを改めて認識。
一応10年間変わらない姿勢。

ただ今回のように暗い会場でiPhoneみたいな小さい画面
で調べものすると、目がかすんでクラクラするというのは
10年前とは全然違ってるね。年をとったのだ老化^^

|

« インクフェクション(Tattoo induced skin infection) | Main | むらのやくいんがほっぺたまわしでまわってきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« インクフェクション(Tattoo induced skin infection) | Main | むらのやくいんがほっぺたまわしでまわってきた »