« むらのやくいんがほっぺたまわしでまわってきた | Main | 韓国SBSの番組を見る方法 »

2014.08.10

術前ルーチン禁煙外来

麻酔医の友人からアイデアをもらい、どうやったら実現
できるか思案中のプログラム。

全てのオペ患者は術前に禁煙外来を受診することになっている作戦

術前にはいろいろなルーチン検査が行われるが、それと
合わせて禁煙外来への受診を促す。ただし治療が入院後
である場合はニコチン依存管理料が算定できません。

以下は日本禁煙学会ホームページに掲載されている
ニコチン依存症管理料情報



Q.入院患者にも禁煙補助薬の薬剤料を算定できると聞きましたが・・・

A.外来で禁煙治療を開始し、その後、入院して禁煙治療を
継続した場合は、禁煙補助薬の薬剤料を算定できますが、
次の二つの条件があります。

  • 外来でニコチン依存症管理料を算定する禁煙治療を開始していること
  • 入院先の医療機関がニコチン依存症管理料の届け出を行っていること

留意点が4つ
  • 入院中の薬剤の処方にあたっては、
    診療報酬明細書の摘要欄に
    「外来においてニコチン依存症管理料を算定する患者に対し、
    禁煙治療を継続するために処方した。」との記載が必要です。
  • 入院期間は、ニコチン依存症管理料の算定期間である
    12週間には含めず、入院中の処方についてもニコチン依存症
    管理料の算定治療回数の5回には含めません。
  • 入院中は、ニコチン依存症管理料は算定できません。
  • 入院中から禁煙治療を開始した場合は、
    禁煙補助薬の薬剤料もニコチン依存症管理料も算定できません。



管理料は算定できないけど、薬剤料は算定できるという話ね。

手術を受けるというのは自分の健康問題と正面から向かい合う
(しかも健康への希求意識も高まる)時期。さらに術後管理に
喫煙が影響する等という理由で、術前から禁煙治療を始める
必要性は説明できると思うんだけどね。

まずは導入できるかどこかの病院と相談ね。

入院期間中は禁煙できていても退院後しばらくしたら
またスモーカーに戻るという人を減らすため。

|

« むらのやくいんがほっぺたまわしでまわってきた | Main | 韓国SBSの番組を見る方法 »