« 離島が子だくさんな理由 | Main | 正体不明の声。それは幻聴 »

2015.07.31

HANS症候群

子宮頸がんワクチン接種後の副反応に関する講演会でフロアから

今日の毎日新聞も読んでみてください

と言われたので、検索してヒットしたのがこれ。

くらしナビ・医療・健康:子宮頸がんワクチン勧奨中止から2年 
横田俊平・前日本小児科学会長に聞く(2015年7月30日毎日
 

Q 患者の症状は?

 A 10人はいずれもワクチン接種を受けるまで精神・運動機能が正常でした。ところが接種後は姿勢を保てなくなり車椅子生活を余儀なくされた子や登校できなくなった子もいます。症状は多様ですが共通するのは▽全身の痛み▽だるさ▽起床時からの頭痛▽生理不順−−など。記憶の障害などが起きるケースもあります。私たちの研究チームは「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン関連神経免疫異常症候群(HANS)」という新しい病気と考えています。

HANS症候群については、横田先生は今年1月の日本医師会・
日本医学会の合同シンポジウムの場でも指定発言している。

指定発言「多発するHPVワクチン副反応例の臨床的解析」  横田俊平国際医療福祉大学熱海病院長/小児科教授は,HANS症候群を新たな病態として,「接種者を対象にした全国調査」「治験・研究センターの設置」「第三者による予防接種全般の副反応調査・解析機構の設置」を提案した.

主な症状としては

  • 運動系障害(歩行できない、バランスが取れない、けいれんなど)

  • 感覚系障害(手足が痛い、光がまぶしいなど)

  • 自律神経・内分泌系障害(日中眠い、過食、生理不順など)

  • 認知・情動系障害(無気力、顔が覚えられないなど)

とのこと。

昨日の講演会では症例報告のレベルではなく疫学的に証明できるか
どうかなどについて議論がありました

(参考)
神奈川県予防接種研究会の中間報告

|

« 離島が子だくさんな理由 | Main | 正体不明の声。それは幻聴 »