« March 2015 | Main | August 2015 »

2015.07.31

HANS症候群

子宮頸がんワクチン接種後の副反応に関する講演会でフロアから

今日の毎日新聞も読んでみてください

と言われたので、検索してヒットしたのがこれ。

くらしナビ・医療・健康:子宮頸がんワクチン勧奨中止から2年 
横田俊平・前日本小児科学会長に聞く(2015年7月30日毎日
 

Q 患者の症状は?

 A 10人はいずれもワクチン接種を受けるまで精神・運動機能が正常でした。ところが接種後は姿勢を保てなくなり車椅子生活を余儀なくされた子や登校できなくなった子もいます。症状は多様ですが共通するのは▽全身の痛み▽だるさ▽起床時からの頭痛▽生理不順−−など。記憶の障害などが起きるケースもあります。私たちの研究チームは「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン関連神経免疫異常症候群(HANS)」という新しい病気と考えています。

HANS症候群については、横田先生は今年1月の日本医師会・
日本医学会の合同シンポジウムの場でも指定発言している。

指定発言「多発するHPVワクチン副反応例の臨床的解析」  横田俊平国際医療福祉大学熱海病院長/小児科教授は,HANS症候群を新たな病態として,「接種者を対象にした全国調査」「治験・研究センターの設置」「第三者による予防接種全般の副反応調査・解析機構の設置」を提案した.

主な症状としては

  • 運動系障害(歩行できない、バランスが取れない、けいれんなど)

  • 感覚系障害(手足が痛い、光がまぶしいなど)

  • 自律神経・内分泌系障害(日中眠い、過食、生理不順など)

  • 認知・情動系障害(無気力、顔が覚えられないなど)

とのこと。

昨日の講演会では症例報告のレベルではなく疫学的に証明できるか
どうかなどについて議論がありました

Continue reading "HANS症候群"

|

2015.07.29

離島が子だくさんな理由

市町村別の合計特殊出生率でナンバー1は多良間村の3.14
(円周率並み)と記憶していたんだけど、その情報は古いみたい。

平成20〜24年の人口動態特殊統計(PDF)の
市町村ランキングを見るとトップは
鹿児島県大島郡の伊仙町2.81、以下久米島、宮古島と
やっぱり離島が上位を占める。

どうして離島は子だくさんなの?
と質問を受け、文献ってあるんだろうかと調べたらこれがヒット。

少子化社会における妊娠・出産にかかわる政策提言に関する研究
平成16年とちょっと古いが。

当時全国ナンバーワンだった多良間島などで実際にインタビューして
まとめたもの。14ページからのまとめでヒントが書いてある。

  • 夫もしくは近所の人の協力である。事例の約半数は夫が 5-6 時に家に帰り、 子どもと遊んでくれ、そのスキに妻が家事をするパターンであった。
  • 次に、生活費の安さと安心、安全な環境である。宮古島では食料自給率が高くない ので本島や本土から持ってくるものも多いが、近所から野菜、魚などをもらうことも 多く、物価が安くなくても生活費がかからないようだ。
  • 3つめは、宮古島の人々の価値観、気持ちの持ち方である。これが一番大切かもし れない。どの事例でも驚いたのが妊娠したときには誰も中絶を発想しないことだ。こ
    の地方は南方のためか「何とかなる」という考えがあり、夫もそういってくれる。そしてなによりも大切なのは、「子どもが多いほうがよい」という価値観である
  • 多産を可能にする要因として、島民の経済状態がほぼ同じレベルであるこ とが大切である

ほかにも
何人かは自分の子どもに同性の仲間を作ってあげたくて 産んだという人がいた。同性同士で大人になってからも相談しあうために同性の兄弟 姉妹を作ってあげたいという発想である。
とか。

地域のつながりが安心して子育てすることにつながるようです。

Continue reading "離島が子だくさんな理由"

| | Comments (0)

2015.07.25

勝手に沖縄健康長寿大使「ごっちゃん」

長寿復活にゆるキャラ大使「ごっちゃん」(沖縄タイムス5月8日)

台風12号が来るかとテレビをつけたら、今日もやっていたごっちゃんの
ごっちゃんねる。4月から毎週土曜日午前11時40分〜5分間放映中。

ごっちゃんは勝手に沖縄健康長寿プロジェクトが生み出したゆるキャラ。

シーサーとゴーヤーを合体(ちゃんぷるー)した「ごっちゃん」は 誕生日会と題した記者会見で登場、ダンスの要素を取り入れた 体操「ごっちゃんエクササイズ」を披露した。イベントなどに参加し、 エクササイズの普及に取り組み、賛同企業の商品をアピールする。

賛同企業としては

  • 沖縄食糧
  • 久米島の久米仙
  • スポーツ店を営業するゼビオ
  • よしもと沖縄花月
  • グルメ情報を提供するちゅらグルメ
の5社。

発足時のプレスリリリースによると

“勝手に沖縄健康長寿大使”である「ごっちゃん」は今後、沖縄・那覇のいたるところで「ごっちゃんエクササイズ」を毎日12時に伝授してまわります。
 この模様は、「ごっちゃん公式Facebook」上にアップされ、美しい沖縄の風景や街並みをバックに、子どもたちや県民とともに、「これだけ踊れば、なんくるないさ!!」という想いを込めて踊ります。
 また、「ごっちゃんと踊りたい!」という声にこたえ、軽快なフットワーク(!?)の「ごっちゃん」が各地へ訪問します。保育園や学校、地域のお祭り、商店街のイベントなど、あらゆる現場に向かう予定です。ご希望の方はぜひ、「ごっちゃん公式Facebook」にメッセージをお送りください。

ということで、県庁で行われた県民会議にも呼んでみました
Kenzoukun

いっしょに写っているのは本家健康おきなわ21キャラクターのけんぞう君。
こっちもごっちゃん並みにプロモーション活動しなくちゃね。

Continue reading "勝手に沖縄健康長寿大使「ごっちゃん」"

| | Comments (0)

2015.07.22

ビンジドリンカー

美人ではなく、ビンジ binge ドリンカー。

沖縄県では現在運転免許切り替えの際にAUDIT調査を行うという
事業を展開中。その検討会議で出てきた言葉がビンジ飲酒。

Binge の意味には、度を過ぎたとか、しまくるというのがあるみたい
それを飲酒行動にあてはめたもの。

三重大学の吉本尚先生が医学部学生に向けて行ったレクチャーでは

一気飲みとは異なる、急性問題飲酒。
たまの飲酒であっても酩酊に至る量を飲めば、 急性アルコール中毒、
事故、ケンカ、DV、性被害など、 酩酊に起因する健康障害や社会問題を
引き起こすリスク が高まる。2時間に男性50g以上、女性40g以上は問題飲酒。

すなわち、たまの飲み会でしか酒は飲まないけど、飲むときは必ず
泥酔するまで飲んで翌日はよく覚えてないとか、どっか怪我してる
などの問題飲酒を伴う飲み方。短時間で「酔うために大量に飲む」
上記の論文では、2時間の間に、500mlのビールジョッキ2.5杯
程度を飲むとしている(飲むかも?)

肝心の調査結果(中間報告)については、

  • 依存症が疑われる男性は14・0%だが、依存症に至っていないものの問題飲酒が認められる人までを含めると半数におよぶ。(沖縄タイムス社説
  • 1回の飲酒量が全国平均の3倍近くと多いのも特徴で、年を重ねても頻度や量に大きな変化は見られない(
  • 飲酒を始めた時期は34%が「未成年」と回答した。(琉球新報
とヤバイ状況。

県民が当たり前と思って飲んでる量は、全国からみれば飲み過ぎと
いうことに気付きましょう。

サーフーフー(ほろ酔い)で帰るのがかっこいいねという啓発しなきゃね。

Continue reading "ビンジドリンカー"

| | Comments (0)

2015.07.20

ストレート以外はLGBT

今朝の新聞一面トップは

性の多様性を尊重する都市・なは宣言(レインボーなは宣言)

LGBTって誰?という説明が難しいなぁと思っていたら電通がわかりやすい図
(セクシュアリティマップ)で説明してくれていました。

Photo

出典は電通ダイバーシティラボ2015

LGBT層に該当する人は7.6%、LGBT層の商品・サービス市場規模は5.94兆円となりました。 

そんなことより、上のマップで何番がLGBTに当たるのか?

まず、いわゆる異性愛(ストレートともいう)のパターンは

  • カラダ(生物学的)性が男性、ココロの性(性自認)も男性、好きになる性が女性のみ
  • カラダ(生物学的)性が女性、ココロの性(性自認)も女性、好きになる性が男性のみ

これらは2番と10番にあたります。よってそれ以外の10パターンがLGBTと
になるという定義。

そのうち、性同一性障害(GID=Gender Identity Disorder)はカラダとココロの性が
一致していない4番5番6番7番8番9番の6パターンで、GIDはWHOの国際疾患分類
(ICD-10)では精神および行動の疾患の中に位置づけられている
学会(日本GID学会もあるね。


Continue reading "ストレート以外はLGBT"

| | Comments (0)

2015.07.18

かりゆしシャツイン・ドローイン2

久々更新恐縮です。先日職場の健康づくりについて投稿した原稿。



ハイサイ。グスーヨゥチューウガナビラ。

県では現在、「取り戻そう!健康長寿おきなわ!!」を合い言葉に健康づくりの県民運動を展開中です。
その中で重点項目の一つが肥満の解消。県職員にとっても重要なテーマですよね。
肥満といってもイメージしにくいので、下の図をご覧下さい。

001

質問は、「あなたは今何番ですか。また将来は何番になりたいですか」です。

沖縄県では男女とも肥満傾向の人が全国よりも多いことがわかっています。
肥満は体重(kg)を身長(m)で2回割るBMIという指数で評価され、日本の肥満基準はBMI>25となっています。県民健康栄養調査(H23)では、男性(20-69歳)の46.3%、女性(40-69歳)の37.5%となり男女とも肥満ワーストクラスです。上の図では6から9番が肥満と判断される可能性があります。

肥満については、国立がん研究センターの日本人におけるBMIと死亡率との調査では、
逆J型カーブを示しておりBMIが27を超えると男女とも死亡率が高まることがわかっています。
これを見ると肥満だけではなく、やせすぎでも死亡率も高くなることもわかります。(下図=国立がん研究センター科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究より)

Canprev_st_outcome18_img002


自分の体型を定期的に姿見などでチェックできればいいのですが、
実践するのはなかなか難しいですね。さらに県職員が1年の2/3
(人によっては通年)着用しているかりゆしウェアは、いわゆるプルオーバー型で
お腹が隠れてしまいます。

たまにはシャツインして自分の腹を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

さて、肥満先進県の沖縄県民にとっては、いかに日常生活での運動の継続。
これも県職員にとっても重要なテーマです。

脳科学者の茂木健一郎さんが読売新聞電子版に連載しているブログ
I love 脳:ヨミドクター)によると、

『運動と自分の間に「壁」を作らないことが大切。つまり、そのうちやろうでは結局やらないので、極端に言うと「やろう」と思ったら、1秒後に始める。それくらいでないと、脳は、なかなか「やるモード」にならないのです。実際、私は、「走ろう」と思ったら、即座に行動を開始します。ランニング・パンツに着替え、ランニング・シューズを履き、もう走りだしている。仕事をしていて、ちょっと気分転換をしよう、と思うと、すぐに走り出す。この、間髪を入れないことが肝心です。』

と述べています。

県民への生活習慣調査でも、運動しない理由としては、男女とも

  • 第1位「時間に余裕がない」
  • 第2位「めんどうだから」

が上位を占めています。

多忙な県職員にとって、運動のための準備が大変と考えると、
(せっかくやる気になっても)二の足を踏んでしまいますよね。
実際、週1回勤務時間後にランニングを楽しむ当課のサークル
「健走“会(けんぞうかい)」でも、着替える場所を探すとか、
荷物を預けるロッカーがないとか、靴に履き替えるなどの準備を
いかに省略するかが、走った後の飲み会の話題になることが多いです
(シャワーが少ないのも悩みの種)。

そこで今回は、いつでも簡単にできて効果も期待できるドローインの紹介。
ドローインはこの電子版庁内報あさぎを読みながらでも簡単にできます。

さあ、やってみましょう。

方法は背すじを伸ばしながら、(きついズボンをはくときのように)
グーッと腹全体を凹ませるだけ。これを30秒続けてみましょう。
腹の凹ませ方としては、へそを中心にだれかの手で腹を押されているような気持ちで凹ませます。
その際に腹の筋肉をまんべんなく使っているか意識しましょう。
背筋をまっすぐにして、立ってる場合はおしりの穴を締めるように。
やり始めの時は呼吸が止まる感じになりますが、慣れるとゆっくり呼吸もできるようになります。

あんまり凹まないんだけど…という方でも、毎日続けるうちにこれまで使われていなかった腹回りの筋肉が覚醒し、徐々に凹むようになります。逆に、これだけでは物足りないんだけど…という方は、時間や回数を増やしたり、座ってドローインしながらおしりを浮かせたり、片足立ちで軸足はつま先立ちにしてドローインをするなど、レベルアップしていくことも可能です。

ポイントは、ライフスタイルに合わせて、歯磨きしながらとか、バス停を待つ時間とか、車では信号待ちとか、地下の食堂で並んでいる時とか、終礼時間に課長の話を聞きながらなど、ドローインを生活の中にいかに組み込んでいくかです。それはあなたが一番やりやすい方法を考えてみましょう。あるいは、職場としてそのような時間を設定すれば取り組むきっかけにはなるかもしれません。もうひとつの継続のためのポイントは効果を実感すること。これは見た目の変化や計測値、ベルトの穴などを観察し、ドローインを継続するモチベーションにして下さい。他の人から「おなか凹んできたね」という言葉があればなお嬉しいところですね。そういうのを目標にがんばってください。

ドローンではなく、ドローイン。この機会に是非やり方を覚えて、日々の生活に取り入れてみませんか。


Continue reading "かりゆしシャツイン・ドローイン2"

| | Comments (0)

« March 2015 | Main | August 2015 »