« 勝手に沖縄健康長寿大使「ごっちゃん」 | Main | HANS症候群 »

2015.07.29

離島が子だくさんな理由

市町村別の合計特殊出生率でナンバー1は多良間村の3.14
(円周率並み)と記憶していたんだけど、その情報は古いみたい。

平成20〜24年の人口動態特殊統計(PDF)の
市町村ランキングを見るとトップは
鹿児島県大島郡の伊仙町2.81、以下久米島、宮古島と
やっぱり離島が上位を占める。

どうして離島は子だくさんなの?
と質問を受け、文献ってあるんだろうかと調べたらこれがヒット。

少子化社会における妊娠・出産にかかわる政策提言に関する研究
平成16年とちょっと古いが。

当時全国ナンバーワンだった多良間島などで実際にインタビューして
まとめたもの。14ページからのまとめでヒントが書いてある。

  • 夫もしくは近所の人の協力である。事例の約半数は夫が 5-6 時に家に帰り、 子どもと遊んでくれ、そのスキに妻が家事をするパターンであった。
  • 次に、生活費の安さと安心、安全な環境である。宮古島では食料自給率が高くない ので本島や本土から持ってくるものも多いが、近所から野菜、魚などをもらうことも 多く、物価が安くなくても生活費がかからないようだ。
  • 3つめは、宮古島の人々の価値観、気持ちの持ち方である。これが一番大切かもし れない。どの事例でも驚いたのが妊娠したときには誰も中絶を発想しないことだ。こ
    の地方は南方のためか「何とかなる」という考えがあり、夫もそういってくれる。そしてなによりも大切なのは、「子どもが多いほうがよい」という価値観である
  • 多産を可能にする要因として、島民の経済状態がほぼ同じレベルであるこ とが大切である

ほかにも
何人かは自分の子どもに同性の仲間を作ってあげたくて 産んだという人がいた。同性同士で大人になってからも相談しあうために同性の兄弟 姉妹を作ってあげたいという発想である。
とか。

地域のつながりが安心して子育てすることにつながるようです。

特定不妊治療の支援とか子ども医療費助成という制度的な影響も
大きいと思われてるけど、そんなことよりも「子どもは多いほうが良い」と
実感を持って思えるかどうかが大切なのね。

|

« 勝手に沖縄健康長寿大使「ごっちゃん」 | Main | HANS症候群 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 勝手に沖縄健康長寿大使「ごっちゃん」 | Main | HANS症候群 »