« ごっちゃん、翁長さんに会いにいってみたの巻 | Main | ランの効用〜宮古島ワイドーマラソン2016体験記〜 »

2015.09.23

エビデンスに基づくへき地医療者確保

連休前に行われた母校での医学生とのワークショップ

へき地における地域医療を担う人材確保について話し合いました。
そのときの資料がこちら。

Increasing access to health workers in a remote and rural areas through improved retention
Global policy recommendations

WHOがエビデンスに基づいて推奨しているへき地での医療者の確保
離島県沖縄にとっても重要な医療政策。
サマリーより抜粋(specific recommendations)

  • Education 教育
    1. Student from rural backgrounds へき地出身学生の優遇
    2. Health professional schools outside of major cities 大都市外に専門教育施設
    3. Clinical rotations in rural areas during studies 在学中のへき地ローテーション
    4. Curricula that reflect rural health issues へき地の健康問題を反映した教科課程
    5. Continuous professional development for rural health workers へき地勤務者への生涯教育

  • Regulatory 制度規定
    1. Enhanced scope of practice へき地における業務範囲の拡大
    2. Different types of health workers 異なるタイプの医療職種の活用
    3. Compulsory service へき地勤務の義務づけ
    4. Subsidized education for return of service 義務に対する教育費用助成

  • Financial Incentives インセンティブ
    1. Appropriate financial Incentives へき地勤務に伴うコストに対する適切なインセンティブ

  • Professional and personal support プロフェッショナル及び個人のサポート
    1. Better living conditions 生活環境の改善
    2. Safe and supportive working environment 安全で協力的な勤務環境
    3. Outreach support 都市部からへき地への出張サポート 遠隔支援
    4. Career development programmes へき地に居ながらのキャリア開発プログラム
    5. Professional networks 孤立感を低減するための専門家ネットワーク
    6. Public recognition measures 広報活動

折しも専門医についてのあり方検討がなされ、専門医機構なる
団体も整備されました。その中には総合専門医の研修プログラム基準も
示されています。こういう流れも踏まえつつ、離島へき地で働いたメリット
を伝えていくべきですね。

FBにもアップした写真(25年ぶりに薬師寺の道を走った軌跡)
12047181_957283614341756_6104548575


|

« ごっちゃん、翁長さんに会いにいってみたの巻 | Main | ランの効用〜宮古島ワイドーマラソン2016体験記〜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ごっちゃん、翁長さんに会いにいってみたの巻 | Main | ランの効用〜宮古島ワイドーマラソン2016体験記〜 »