« エビデンスに基づくへき地医療者確保 | Main | 精神保健医療と健康危機管理 »

2016.01.23

ランの効用〜宮古島ワイドーマラソン2016体験記〜

「フルマラソンなんて体に悪いんじゃない?」

「確かに1日で42.195km走るのは体に大きな負荷になるんですが、そのレースを目標にして日々の生活が変わることで体にいいこともあるんですよ」

「たとえば?」

「えっとー...」

という風に会話でいつも詰まってしまうので、ランニング雑誌から
効用っぽいのを拾いあげみた(あくまで雑誌のレベルということで)

  1. ランニングで大量の汗をかくことで休眠汗腺が覚醒し汗腺の機能が高まることで暑熱馴化など環境の変化に対応できる能力が高まる
  2. 日常的に体液の変動を起こせば、尿細管は高いレベルの適応力を維持できる
  3. 完走や目標タイムに向かっていく行動の先には...「自己効力感」が産み出される
  4. mind fullness(今その瞬間に集中する)で思い込みから解放され「新しい変化に常に着目できる」脳機能の活性化につながる
  5. ランニングは中高年以降でも達成感を感じることができる数少ないスポーツ
  6. ランナー同士の会話等で承認欲求が満たされ「心の健康」につながる
  7. 他者とではなく過去の自分を超えようと走っているので「望ましい比較作法」を身につける」
(1〜2:長田道夫筑波大教授、3:征矢英昭筑波大大学院教授、4:星研一長野赤十字病院部長、5〜7:斎藤環筑波大教授)

と、こんな風に返せばいいんですね 笑

久々の更新がランニング日記みたいになってしまうのは恐縮ですが、
2016年1月17日の宮古島ワイドーマラソンに挑戦するにあたり、多くの体験記を
参考にさせていただいたので、今後挑戦する人(including me?)の
ためにメモを残しておきます。

挑戦準備
2015年1月の49歳の誕生日を迎え「50歳になったときに100km走る」ことを目標に 以下のような準備を行いました
  • 100kmマラソンに挑戦することを公言することで後に引けない状況をつくりだす
  • 練習はこれまで通り毎月100km走行程度
  • forefoot(前足)着地走法を身につけるためにvibram 5fingersなどで練習
  • 2015年のフルマラソン(4月さが桜、10月久米島、12月那覇)は100km挑戦のための練習という位置づけ
  • ワイドー完走経験者の友人から情報収集などなど
本番マネジメント
そしてあっという間に本番。前日に宮古入りして受付完了。車でコースを試走(これは必須)翌日はAM1時半起きなので夕食後は早めに就寝。そして当日。天気予報では午後から雷を伴う大雨と強風とのこと。
  • 会場入りして46.5kmのレストステーションに置く荷物(カッパ、手袋、着替え、胃腸薬、痛み止め等)を預ける
  • スタート前に阪神淡路大震災の犠牲者に対して黙祷
  • 頭にLEDを装着してスタート。来間大橋、伊良部大橋(強風がすごかった)を経て北上。
  • 12549084_1020910344645749_723943106


    池間島あたりまでは7min/kmのペースだったが折り返して強い向かい風にめげて「歩き」を入れる

  • レストステーション到着と同時に大雨。胃腸薬を飲んで温かいゆしどうふにしょうがをたっぷり入れて飲む。想像以上に疲れていて不安が増す。
  • 50km通過時点で6時間半経過。このころより大雨(1時間50mm程度だったらしい)のため、さらにペースダウン→雨は結局80km地点まで降った
  • 50〜70kmは目印になる建物もほとんどないためテンション下がる。期待して聴いていたラジオ(地元コミュニティFM)もワイドーマラソンの情報一切なし。残り時間とペースのことばかり考え、完走できない可能性が高いと勘違いし、さらにモチベーション低下。エイドの飲み物は雨水で薄められ、黒糖はタッパーの中で水に浮いている状態。せめて雨の中70km地点で待っている応援団のところまでは走ろうと暗い気持ちでどうにか走り続ける
  • 70km雨の中、地元保健所スタッフ応援隊と会う(涙)。温かいスープを飲み、パンを食べ、人と話すことで気分回復。さらに残り時間計算ミスをしていたことに気づき、完走できる可能性が出てきたことでモチベーションアップ!「あと30km頑張ろう」
  • 東平安名崎往復の頃から風が北に変わり寒くなるがどうにか80kmを予定通りのタイムで通過。
  • 82kmのエイドステーションで再びゆしどうふ。このあたりで友人たちも発見し、励ましあいながら走りだす。
  • いったん止まって給水すると走り出すのに時間がかかるようになる。急遽走り出すまでのルーチン儀式を決め実践。坂も多かったが90kmを予定より早めに通過
  • 「もうだいじょうぶかも」という気の緩みが発生(笑)。どこでもいいから横になって5分だけ眠りたい衝動にかられる。95km過ぎて日没で暗くなると、さらに意識が遠のく感じでスピードダウン。
  • 98km地点(実際はここで100kmだった)で気持ちをリセットしペースアップ。あとは遠くから聞こえるゴール地点のアナウンスを聞きながら夜道を走り、無事ゴール^^
  • 通算102kmを13時間50分(結局制限時間30分前だった)。前半52kmまでの平均ペースがキロ7分40秒、52〜100kmがキロ8分39秒。最後の2kmはキロ8分13秒でした

12524025_1020910381312412_699330893


|

« エビデンスに基づくへき地医療者確保 | Main | 精神保健医療と健康危機管理 »

Comments

ワイドーマラソン2016のキーワードでトップで検索かかりました。80Km地点で出会うまでは、いつリタイアしようかと、そればかり考えていましたが、今となってはほんとに、完走できてよかったです。写真もありがとうございました。来年僕は、鬼嫁(おっと失言)私大ですが、チャレンジの可能性ありです。

Posted by: ひがあきら | 2016.02.12 at 12:46 AM

お誕生日おめでとう&コメントありがとうございます。完走直後の感想を書き留めておこうと記事にしました。1年間コツコツ練習して来年も挑戦したいですね。

Posted by: titokau | 2016.02.14 at 10:22 PM

100㎞完走すんごい!
 本番の様子は、わかるわかる!とフル2倍+αを想像しながら読みました。
 今年度も優嫁の理解の元、TRYされるのでしょうか…?
 

Posted by: #8001 | 2016.06.05 at 06:29 PM

コメントありがとうございます。
2017年もワイドーマラソン走るつもりで
いろいろ調整を続けます 

Posted by: titokazu | 2016.06.06 at 06:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« エビデンスに基づくへき地医療者確保 | Main | 精神保健医療と健康危機管理 »