2005.11.30

島発ち(しまだち)する君へ(その1)

伊平屋島に行ってきました。
役場職員へ健康づくり講話(伊平屋村の健康が危ない?!)を行った
後、有志が残って

「子どもたちの島発ちを考える」仲間たちの集い


を行いました。

「島発ち」というのは、離島の子どもたちは小中学校を島の学校で
過ごした後、高校へ進学する際に、島にいる親元を離れて暮らさな
いといけません。そのことを伊平屋では「島発ち(しまだち)」と
呼んでいるそうです。

これは伊平屋に限らず、多くの離島で経験すること。15歳前後の子
どもたちが沖縄本島で新たに生活を始める。親も一緒についていく
のはまれで、多くは兄弟や親類を訪ねたりアパートを借りたり寮に
入ったりする。でも親と離れて都会の「荒波」の中で暮らさないと
ならない状況は同じ。

その「島発ち」する子どもたちが身につけていて欲しいことをみん
なで考えて、メッセージとして子どもたちに送ろうというのがこの
会のきっかけでした。もちろんメッセージを送るだけではなく、子
どもたちが身につけるためには誰がどう関わったら良いかもまとめ
るつもりです。昨日はその準備会議のような位置づけでした。

まず、WIFY(What is important for you)の手法を使って、島発ち
する若者にとって身につけておくべき大切なことというテーマで、
参加者全員がカードに書きこみ皆の前で発表しました。

実際に子どもたちを本島に送りだした親も入れば、島発ちして学校
を卒業してまた島に戻ってきた青年もいて、リアリティのある意見
が多く聞かれました。

意見は大きく3つに分類し、それぞれ自分が興味あるグループに座
って意見交換をしてもらいました。グループごとに「メッセージ」
を考えてもらいました。

  1. 夢に向かって進むことができる人になって欲しい
  2. 健康管理ができる人になって欲しい
  3. 人との関わりを持ちながら、自分の気持ちをしっかり伝えるこ とができる人になって欲しい

第1グループでは夢や目標を持って、計画的にそして好奇心を持っ
て積極的に実行していく力を養って欲しいという意見が出ました。
そのためには大人自身も自分の目標を持つことや、子どものよいと
ころを誉めたりする場面を増やすなどが必要であるという対策につ
ながりました。

第2グループでは、食生活や運動習慣などを身につけ、そしてきれ
いな歯を持って島から送りだしたいという意見が印象的でした。そ
のための対策は乳幼児期から始まっているんだよねということも確
認されました。

第3グループは、礼儀正しく、人とのコミュニケーションを持ち、
よい友達を作って欲しいという意見が出ました。そのためにはあい
さつをする(大人ももちろん)、感謝の気持ちを忘れないなどが基
本になるという意見もあったようです。

各グループが目標とそれを達成するために必要な関わりをイメージ
することができました。今後はこの仲間の輪を島民に徐々に広げて、
みんなで島発ちする子どもたちを支える環境を作ろうという方向に
進むようです。地道な取り組みですが大切な視点だと思います。

その2はいずれ報告します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.08

検診ドーイ

唐船ドーイではなく、検診ドーイというのが今夜のタイトル
今帰仁村での検診受診キャンペーンみたいな講演会を開きます。

いらっしゃいませ!老健食堂へ」でも書いたが、
検診を受けに来る層は大体いつも決まっている、と言われている。

だから受診者の総数は漸減傾向

特に心配な壮年男性への掘り起こしを目指しての講演会となる

健康おきなわ2010総論より
沖縄県が死亡率ワースト5にランクされる主な疾患と年代

  • 全死因10〜19男
  • 全死因25〜29男
  • 全死因35〜49男
  • 全死因30〜34女
  • 全死因45〜49女
  • 肺がん65〜84男
  • 肺がん30〜39女
  • 肺がん70〜79女
  • 急性心筋梗塞35〜49男
  • 急性心筋梗塞55〜64男
  • 脳血管疾患30〜34男
  • 脳血管疾患45〜49男
  • 脳血管疾患40〜54女
  • 肺炎30〜34男
  • 肺炎55〜59男
  • 肺炎30〜44女
  • 不慮の事故10〜19男
  • 交通事故15〜19男
  • 自殺20〜44男
  • 自殺55〜59男
  • 自殺65〜69男
  • 自殺30〜34女
  • 糖尿病45〜49男女
打つのが疲れるくらいたくさんある。これが沖縄の現状なのだ
ちなみに、データソースは1995−1997当時なので約10年前のこと

まさに「なぁー、でーじなっとん健康長寿の邦」である。

あいさつ

生活習慣病はその多くが症状がないまま進行するため 検診を受けないでいると、知らない間に病気が進行し、 合併症でつらい思いをすることが心配されます。 検診を定期的に受けて、からだの点検整備をすることが必要です。 あなた自身の健康と、あなたの大切な人の健康を守る第一歩として 検診に行きましょう

講演会資料はそのまま冷蔵庫や壁に貼って「私もできる2010運動」 という作りにしました。活用されることを願うばかりである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.27

いざ伊是名へ

伊是名村の健康を考える勉強会のため、いざ伊是名へ。
高齢化が進み長寿を誇るが、それを支える若い世代は肥満の合併症で
早めに健康を害するという「現代沖縄の縮図」のような状態。

まずは課内で勉強会を重ね、それを庁舎内、島全体に広げていくことが必要。
共通認識が持てるかどうかがカギ。

問題の所在

  • 高齢社会
  • 高齢者は長寿を誇るが健康長寿とは言い難い
  • いわゆる老年症候群パターン
  • 要介護者の増加→介護保険への負担増
  • 青壮年層(特に男性)は問題を抱えている
  • 肥満が関連する疾患・合併症が影響
  • 症状がないまま進行するので気づかない?
  • 糖尿病→人工透析が急増中→医療費増加
  • (お金の問題よりも)島民の健康が心配
  • 健康長寿ブランドも使えなくなる

対策の考え方①

  • 老年症候群に対して
  • 地域支援事業
  • 筋トレ?よりは地域の受け皿を活用
  • メタボリックシンドローム対策
  • クスリを飲めばOKではなく、生活習慣改善が必要
  • その前に健診を受けなくては
  • 環境整備(運動できる場、イベントを増やす)
  • 島全体で健康課題に取り組む必要性
  • 対策は「個人へのアプローチ」+「環境整備」
  • 無視できない状況を作り出すこと

対策の考え方②

  • 共通の認識を持つ
  • 課内で:勉強会を重ねる
  • 庁舎内で:職員の抱える健康問題をたずねる
  • 島全体で:住民や関係団体といっしょに考える
  • 健康づくり推進協議会などの活用
  • 共通のテキストを持つ
  • 中長期的な見通し(目標と達成手段)
  • ライフステージごとにまとめる(次世代に続いて)
  • 地域の資源を有効活用する(巻き込む)
  • 診療所、食生活改善推進員、公民館など

計画の効用

  • 健康課題を共有することができる
  • 対策をみんなで考えることができる
  • もちろん住民も
  • 保健事業が効率よく展開できる
  • 重点課題を決定
  • 連携事業
  • 目標に向かって継続的に取り組める
  • 人の異動に影響されにくくなる
  • 総合計画の中にも位置づけられる

名護市も今月から広報誌で「ストップ・ザ・肥満」を連載している!
まずは現在の状況を住民に知らせて、いっしょに考える姿勢が必要
伊是名もがんばろう

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.04.20

クルクルサイクルチェックリスト

ヒアリング資料
題して「クルクルサイクルチェックリスト」(何だそれ)

事業を計画する
  1. 地域の課題を把握しているか
    • 「事業を実施するにあたり、地域住民の健康課題を把握していますか」
    • ○把握している→それはどのようなことですか
    • ○把握していない→...
  2. 重点的に実施すべき対象は?
  • 「特に重点的に対策を行うべき人はどのような人だと思いますか」
  • ※保健所では、生活習慣病対策として肥満を長男とするだんご4兄弟(メタボリックシンドローム)を対象とすることを勧めています。
  • これらの人々を健診結果から拾い上げるシステムを作ろう

事業を実施する
  1. 必要な対象にサービスが届いたか
    • 「事業の参加者に②の重点的な対象者はどの程度参加しましたか」
    • 「参加が少ないとすればその理由は何でしょうか?」
  2. 事業の実績をどう考えるか
    • 「事業の実績としては、投入した資源に対してそれなりの実績が得られたと思いますか」
    • 「十分でないとすれば、それを改善する方法がありますか?」
  3. 参加者の反響はどうだったか
    • 「参加した人たちは事業をどう評価していますか(アンケートや感想など)」
    • 「反響を踏まえて、今年やり方を変える予定がありますか」

事業を評価する
  1. 事業の効果は見られたか
    • 「事業の参加者に、事業でねらった効果はあらわれていますか」
    • 「あるようでしたら、具体的に教えて下さい」
  2. 事業の効果を測る指標は?
    • 「事業の効果を測る指標について考えているものがありますか」
    • 「その指標をどのようにして入手する予定ですか」

事業を改善する
  1. 評価するしくみがあるか
    • 「個別事業でも、事業全体でも、その評価を行うしくみがありますか」
      • ない
      • 自分だけで評価している
      • 保健師だけで評価している
      • 係や班のメンバーで評価している
      • 課全体で評価している
      • ※どのレベルに達しているかをたずねる
      • ※どのようなしくみで評価を行っているのか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.23

生活習慣病対策ノート21

~役場から発信 島の健康づくり~と副題をつけたように 小さな離島では、役場職員に健康への意識づけ行うことが ひいては島全体の健康づくりへ広がっていくのではないか、 という思惑(外れてるかなぁ)を持って職員研修に参加しました。

その成果物がようやく出来上がりました。


はじめに
長寿おきなわ超ピンチ。生活習慣病は、今や、沖縄県全体が抱える健康課題 となっています。その中でも特に、肥満がもたらす各種の合併症が健康長寿達成を 危うくしている原因と言われています。 このことは、I村でも同様です。  このたび平成16年度I村職員研修会が開催されるにあたり、職員の皆様が自分の 生活習慣を振り返ることができるような機会になればとグループワークを実施しました。 その中で出てきた意見をまとめ、「I村生活習慣病対策ノート21」を作成しました。  今後の職員の健康づくりの一助になれば幸いです。村民全体への波及効果も 期待しています。
I村が抱える健康課題
I村では、生活習慣病の合併症である急性心筋梗塞で死亡する人の割合 (標準化死亡比)男女とも全国より高くなっています (全国を100とすると男性215.6女性157.8=平成10‐14年人口動態統計特殊報告)。 またその原因となる糖尿病の有所見率や肥満者の割合も、北部福祉保健所管内では 高い方に入ります。 さらにそのもとになる生活習慣は、食生活(よく噛んで食べない、朝食をとらないなど)や、 飲酒、喫煙などで問題があることが明らかになりました。  今や、村民全体で健康づくりを展開する必要がありますが、 そのためには役場職員の皆さんが自らの健康に感心をもつことが大切です。
本書の利用方法
この「I村生活習慣病対策ノート21」では、生活習慣病を予防するための対策集を紹介しています。 その構成は、
  • 個人でできること(自助)
  • 仲間や家族でできること(互助)
  • 役場全体で取り組むこと(公助)
となっています。

今や生活習慣病対策は、個人の努力だけでは継続が難しい状況で、 環境整備やルール作りなどの視点も必要です。 それぞれの取り組む際の参考にして下さい。 本書に書かれてある対策集はほんの一部で、地域に目を向けると 健康づくり活動を展開しているグループや団体が他にもあるはずです。 彼らの力も活用していきましょう。 また、ひとくちに生活習慣を見直すと言ってもどこをどう見直せばよいか 難しいところがあるため本書では世代別のデータも示しながら対策の提言をしています。

生活習慣アンケート調査の結果は、職員の生活習慣の現状を知るとともに、 今後の取り組みがうまく行っているかどうかの指標としてもご活用ください (1年後に同じ調査をする等)。 今回の「I村生活習慣病対策ノート21」では主に栄養食生活・運動・飲酒に 関する対策を検討していますが、他の生活習慣(ストレス、たばこなど)も 当然重要なので必要な人は改善にむけた取り組みが必要です。

巻末の講演スライド(CD-R)やストレッチ体操の資料は、村内や役場内で 行われる健康教育や運動教室にお役立てください。

生活習慣病対策ノート21の内容
  1. 朝食を毎日とる
  2. 腹八分を守る/よく噛んで食べる
  3. 間食をしない
      栄養・食生活に関する対策集
  4. 運動する(普段から早足で歩く)
      運動に関する対策集
  5. 適量飲酒を守る
      飲酒に関する対策集
    対策の内容までは紹介できないが、「ノーハムデーを設ける」など 職員の意見に忠実に記述した。これならできるはずという確信を尊重しよう。
資料編
  • 講演スライド(別刷、CD-R付き)
  • グループワーク進行スライド
  • 生活習慣アンケート調査票
  • 生活習慣調査の概要(県との比較)
  • 今すぐ実践「手軽にできるストレッチ体操

  • これを持ってI村健康づくり推進協議会で紹介したあと、村内の団体を対象に I村の健康づくりのためにできることは何かというインタビューを行うと良い。 健康増進計画に近づいているかなぁ。


    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2005.02.10

    国による統制

    「公衆衛生」(医学書院)2月号「住民本位のまちづくり」(辻山幸宣)より

    県や市町村が国の集権体制に組み込まれていった過程について

    1. 法令による統制
      市町村の制定する条例は、国会の制定した法律のみならず 行政府の定める政令にも違反することはできず、一般に市町村は 法令の確実な執行をその任務の1つとされた
    2. 行政による統制
      大臣は市町村長に対して指揮監督権を持ち、これに基づいて 時に通達を発して事務の内容を指示し、報告を求めることができた。 もしも従わないときには裁判を経た上で、上級庁がその事務を 代執行できるなど、国家的事務の確実な執行が担保されていた。
    3. 財政による統制
      国民から納められる税金の2/3は国税として徴収され、地方へは その後に制度・政策的に配分される仕組みになっている。 地方交付税交付金であり、国庫補助負担支出金である。 このため市町村では自由に使える財源に限度があり、とりわけ 国庫補助負担金は使い方を変えたりした場合には返還を求め られるなど、厳しい条件のも下に置かれている。

    今や地方分権の時代。「地域のことは地域で決める」という 原則の下に動いている。上記の統制も外れてくるだろう。

    | | TrackBack (0)

    2004.10.11

    健康やんばるH20

    北部地区保健医療計画は昨年(H15)策定されました。
    その中の健康増進計画の部分はいわゆる健康日本21
    地方計画意識した内容・構成となっている。

    すなわち北部地区全体の課題をデータから洗い出し、
    対策の方向性と5年後(H20)の目標値を打ち出している。
    これが総論部分に該当する。

    各論部分はどうするか?

    今年わが保健所では、市町村(管轄9つ)の重点課題を
    聞いてその対策をいっしょに考える勉強会を開催中だ。
    たとえば、もっとも人口の多い名護市の課題は「肥満」。
    その中でも特に食生活の改善に向けての取り組みを
    重点項目として挙げている。

    ライフステージごとに課題をあげ、関係する各課で協力して
    取り組む体制を作ると同時に、市民へも周知して積極的に
    この取り組みに参加してもらうことができれば「市民運動」と
    いう機運が盛り上がる。

    とにかくこの数年(少なくともH20まで)は、重点事業として
    肥満対策=特に食生活改善という旗を掲げて、保健事業を
    進めていくという後ろ盾にもなる。

    このように、各市町村が掲げた重点項目に関する行動計画
    が各論部分に該当する(させる)。

    名護市=食生活改善
    国頭村=肥満対策(運動)
    東村=アルコール
    今帰仁村=運動(自治会単位の健康づくり)
    伊平屋村=肥満(運動)
    大宜味村=がんじゅうおおぎみ推進
    本部町・伊江村・伊是名村=pending

    このようなかたちにすれば、5年後との地区保健医療計画の
    見直しの際に、市町村や圏域の健康増進計画のチェックが
    できるし、もちろん毎年行われる保健医療協議会(保健所)や
    市町村健康づくり推進協議会でも協議が可能だ。

    秋も市町村まわりが続きそうだ。

    | | TrackBack (0)

    2004.07.06

    ニューパブリックマネージメント

    new public managementの話が、豊田セミナーで話題になったので調べてみた。

    事例提供をしていただいた坂戸市健康日本21計画「おいでおいで健康づくり計画」
    市民と行政のコラボレーションをテーマにして、23名の公募市民によって健康づくり計画が
    策定されたもの。これまでの「審議会設置型計画策定」や「要求ばかりの市民とそれに
    対応する行政」という関係から,一歩進んで「市民のニーズをひろいあげて計画に組み込む」
    ことや「目標達成のために市民ができること」を議論している。
    次は推進にあたって市民と行政がどう協働するのかに期待している。
    行政と住民の新たなパートナーシップのあり方を示してくれた。

    その中で話題になったニュー・パブリック・マネージメント。
    UFJinstituteのwebsiteに解説があった。
    行政の使命の基本的な考え方として、

    • 社会の成熟化、高齢化などに対応して、公共サービスへの需要(ニーズ)は、今後も質量ともに多様化、拡大していく可能性がある。
    • こうした需要(ニーズ)に対しては、限られた経営資源(カネ、ヒト、時間)をうまく使って対応していく必要がある。
    • その際、「公共サービスが適切に供給されている状態」をマネジメントするのが行政の役割であると考える。
    • 公共サービスの供給は、そのサービスの供給に関して、強みを発揮できる主体(企業、NPO等)があたるべきである。行政が直営で行なうのは限定的な分野でよい。
    • 公共サービスの顧客である住民のValue For Money(税金の払い甲斐)を高める工夫が必要である。

    需要は「デマンド」と呼んだ方がいいのかなぁという気もするが。
    いずれにせよ、「公共サービスの守備範囲」が問われることになる。
    本サイトのタイトルである「公ooyake」とは?にもつながりそうな話だ(後日書きます)。

    公衆衛生活動の範囲は「○○をすべき」というより「○○もできる」という記述が多い。
    したがって近年健康問題が複雑化するに従い、例えば「保健師にもできる」領域はどんどん
    膨張している。保健師が「できること」ではなく、「やるべき」ことを明確にする必要がある。
    同じように「保健所がやるべきこと」「地域保健活動がやるべきこと」も確認すべきであろう。

    | | TrackBack (0)

    2004.06.12

    今帰仁村1回目

    6月7日(月)村保健センター。
    テーマは2つ。保健推進員の活用と健康づくり推進協議会の活性化。

    保健推進員については、食生活改善推進員として養成すること
    も念頭に置いている。昨年度養成された保健推進員に追加で講座を
    開く(国保予算)。過去に養成された人も対象にして、各区単位で
    養成できるようにしたい。
    課題:保健推進員の活用イメージの共有化(課内で)

    健康づくり推進協議会は、地域の健康課題を話しあって役割を
    分担する場と位置づけられている。今年度は複数回開催して、村民
    の健康課題を浮き彫りにするとともに、各区で対策を講じられるよ
    うな働きかけをする方針。たとえば、各区に予算を流して健康づく
    り活動を奨励する。そのために健康づくり推進協議会の委員に区の
    代表者をなるべく多く選任する。→区長会との違いを明確に。
    社会体育、国保、保健、社会福祉協議会などと立ち上げた連絡会議
    に健康づくり推進協議会の幹事会的役割を担わせたい。
    課題:課内コンセンサス。調査計画を具体的に立てる。事務局支援
    が必要。生活習慣に関する17年前とのデータとの比較は注目!

    | | TrackBack (0)

    国頭村1回目

    市町村まわり覚え書きシリーズ。
    国頭村保健センター。6月9日雨。課長以下福祉課メンバーと。
    重点事業として介護予防事業の企画・評価を上げていたが、結局は
    「諸保健事業の評価(やりっぱなしからの脱却)を目指したい」

    医療費が県内ワースト3位になってしまった。内容を見ると調
    剤費などが医療費を押し上げている。現状は、名護市内の各医療機
    関がバスで患者を送迎している→介護予防事業との競合。村内2つ
    のクリニックについても重複受診(おつき合い受診)が見られる。
    これに対しては国保係も訪問指導、くすり手帳などの発行で対応。

    健康課題としては、循環器疾患が問題。その前の段階としての
    肥満対策が必要。肥満対策を重点にして、国保や老人保健が連携を
    取っていくことが大事。特に国保では今年度ウォーキング事業立ち
    上げを計画しているので、対象や評価方法などをいっしょに考えて
    いく。

    もう一方で、主に老人対策として健康手帳の活用。項目を絞り、
    まずは血圧だけでも自分で把握できるようにする。そして、薬剤の
    重複投与を避けるという目的で、医療機関にも記入を依頼する。国
    保で作成したおくすり手帳をベースにして、使い勝手の良い手帳に
    変えていく。またその評価指標も明確にする。年代によって手帳の
    内容を違わせてもいいのではないかという意見も。

    健康づくり推進協議会については、法令集を参考に休眠状態か
    ら立ちあがらせることができるか調べてみる段階から。

    課長のリーダーシップ、若手職員のやる気、チームワークの良
    さが印象的だった。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)