2013.03.04

♫女性も検診受けんとねぇ2013

昨日はひなまつり。
おそらく今年度最後になる新聞投稿が掲載されました
(八重山毎日新聞)


3月1日から8日は女性の健康週間です。これは厚生労働省健康局が提唱し、「女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすことを総合的に支援する」ことを目的に、平成20年3月から実施されています。

八重山福祉保健所ではこの週間にちなみ、FMいしがきサンサンラジオの協力のもと、啓発ラジオCMを放送しています。その内容は、八重山に伝わる教訓歌として名高いデンサー節のメロディに乗せて、女性の美しい歌声で

「女性も検診受けんとねぇ 乳がん子宮がん歯科検診 特に妊婦は歯や歯ぐきが大事であるさ デンサー♪」
と歌っています。

特にお伝えしたいのは、歌の前半部分のがん検診の話です。乳がんにかかる女性は年々増加し、わが国の女性のがんの罹患率では第1位となっています。早期に発見すれば乳房を温存しての治療という選択も可能になるため、検診受診を勧めています。

子宮がんは、女性特有のがんの中では乳がんに次いで発症率が2位となっていますが、特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。子宮がんは性感染症の一つとして位置づけられており、HPV(ヒトパピローマウイルス)による感染が原因であることがわかってきました。

そこで、セックスを始める前の世代を対象にした予防ワクチン接種が始まりましたが、ワクチンだけではすべての子宮がんの発症を予防することはできないため、早期の発見のためには定期的な検診受診が非常に大切です。現在、この2つのがん検診を受けている女性の割合は約20〜30%前後にとどまっていて、国の目標の50%には大きく及ばない状況です。

特に若い世代の皆さんは、これらの病気を他人事と思わず、検診を受けることで自分の体のことを見つめ直してみましょう。そして周囲の男性もこのことを理解し、検診受診についても協力するようにしましょう。

歌詞の後半の歯科検診については、痛くなってからの治療ではなく、かかりつけの歯科医を持って定期的に検診を行うことが大切です。特に妊娠中は女性ホルモンの影響等で、虫歯や歯周病になりやすくなり、一生のうちで最も口腔内でトラブルを起こしやすい時期とも言われています。

「子どもを一人産むと、歯が一本抜ける」というのは口腔ケアが普及していなかった古い時代に言われた話で、現在では検診やかかりつけ歯科医で治療を受けることにより、それを防ぐことができます。

長い間、健康長寿県と言われてきた沖縄県ですが、いまや男性ばかりでなく女性もその地位を脅かされていると言われています。ラジオで「女性の健康週間デンサー節」を耳にしたら、女性の健康について、職場やお茶の間の話題にしてみて下さい。



Continue reading "♫女性も検診受けんとねぇ2013"

| | Comments (0)

2011.09.01

健康 ナ美(チュ)ラル ウォーキング

来る9月4日(日)に西表島中野わいわいホールというところで

健康おきなわ21推進大会in西表

を開催します。(去年はin与那国でした

先日行われた県民視点による事業棚卸しのまな板に上り、
仕分け人投票結果で辛うじて「不要」をまぬがれ
「県でやってもいいけど、要改善だよ」となった
健康増進計画推進事業費の予算を頂いて開催します。

開催地竹富町では健康増進計画として「ぱいぬ島健康プラン」
を策定して、各島々でウォーキングを中心にした健康づくりを
進めています。ということで、
「今年の大会テーマは運動でいいですか?」「うん、どうぞ」
という感じでテーマが決まりました(嘘)

内容は、ただただ長く歩くのではなく、歩く質を重視している
ポスチュアウォーキング(って?)をみんなで体験。講師の遠藤美絵さんの言葉

「沖縄って驚くほど車社会ですよね。歩くのは確かに面倒くさい。
でも、歩く距離より質が大事なんです。
正しく美しく歩く。
別に歩く為にわざわざ外に出る必要もないんですよ、
ちょっと廊下を歩く時とか、ちょっとゴミを捨てに行く時とか、
一歩意識するだけでも違う。
続ければいずれその状態が普通になります。
身体は気持ち良い姿勢を欲しているので、
良い姿勢でないと逆に気持ち悪い、
それまでの間違った姿勢をとると身体が痛い、と感じるようになります。」

産後太り解消にも良いようです。

イベントゲストとして、最近八重山でブレイク中きいやま商店も来ます。

石垣からの日帰りも可能な日程。安栄観光の船に乗ると
港から会場までのバス送迎無料サービス!

終わったらぶがりなおしして、しっかり評価もしましょうね。

Continue reading "健康 ナ美(チュ)ラル ウォーキング"

| | Comments (0)

2011.05.13

韓国で原因不明の肺炎患者(主に妊産婦)は感染症ではないとの暫定的結論

となりの韓国で原因不明の肺炎が報告されているらしい
という噂はネットで見かけてたので「コリャ大変だ」と
思っていたのですが、どうやら

感染症ではないと暫定的に結論を出した

というニュース
(以下の日本語版ニュースを参照下さい)

概要としては

最近、ソウル市内の病院に7名の肺炎患者が入院した。
患者のほとんどは分娩(ぶんべん)期の女性で、
初期段階では肺結核や心臓機能不全などと診断されていたが、
同病院に転院後に「不明ウイルスによる肺の繊維化」と診断された。
患者のうち36歳の女性は脳出血により10日午前に死亡した。
残りの患者の容体は安定しているという。

「ソウル市内のA大学病院に入院中の6人の患者に対して、
病原体(細菌・ウィルスTM)を検査した結果、1人だけから
アデノウィルスが分離された」と発表した。

共通したウィルスが検出されいない点、居住がみな異なる点、
家族や老人・慢性疾患患者のような免疫低下者から発病して
いない点などから、地域社会で流行する可能性は低い

ということで、SARSのようにウイルスの変異により流行が拡大
するということではなさそうです。

肺線維症の原因は、特定の薬物や毒性の食品、環境要因などの可能性
について

医療陣が追加で疫学調査を行うだろう
ということです。

気になるのは
以前にも小児で同様の症状を訴える集団発生があった
(同じ季節に)とか、
妊婦たちのインターネットコミュニティ「マムズホーリック」
などには、似たような事例を訴えたり、病院を訪ねるべきか
どうかに関する問い合わせが増えている。とのことです。


Continue reading "韓国で原因不明の肺炎患者(主に妊産婦)は感染症ではないとの暫定的結論"

| | Comments (0)

2011.02.16

♫女性も検診受けんとねぇ

「女性の健康週間」というのが設定されています。

厚労省のホームページには今年の啓発内容リストも
掲載されています。

女性の生涯を通じて発生する健康問題...を取り扱うとなると、
比較的規模の大きい縦割り組織(県庁とか)では、
どこが主管か?でもめることが多い。
(しかも年度末だし)

もともとは日本産婦人科学会と日本産婦人科医会の活動が
きっかけのようで

(社)日本産科婦人科学会と(社)日本産婦人科医会は、 産婦人科医が女性の健康を生涯にわたって総合的に支援する ことを目指し、
3月3日ひな祭りを中心に、3月8日国際女性の日までの 8日間を「女性の健康週間」と定め、 2005年にその活動を開始しました。

さて、八重山でどのように啓発するか皆で話し合った結果
地域コミュニティFM(FMいしがきサンサンラジオ)の
電波を活用することにしました。

八重山民謡のデンサー節を元にして替え歌を作り、



3月1日から女性の健康週間

♫ 女性も検診受けんとねぇ
  乳がん 子宮がん 歯科検診
  特に妊婦は
  歯や歯ぐきが 大事であるさ デンサー ♫

3月10日女性の健康講演会を開催 
お問い合わせは八重山保健所82−4891


この歌をスタジオに三線を持ち込んで、生演奏で収録。
スタッフに速攻で編集してもらって、昨日からオンエア
されています。

インターネットでも聴取可能なので是非お聞き下さいませ。
平日の午後0時15分過ぎに
サイマルラジオの#okinawa
FMいしがきの横の「放送を聞く」のアイコンをクリック
(windows media playerが起動します)
(Macの方はFlip4Macのインストールが必要みたいです)

Continue reading "♫女性も検診受けんとねぇ"

| | Comments (0)

2004.05.04

熱中症に注意

正式な注意報はまだ出ていないけれど、熱中症に注意しましょう→沖縄県地方
5月だというのにかなり暑いです。リゾートホテルのビーチは海水浴客多数でした。

熱中症は屋外で長時間労働とかスポーツ中におきやすいと思われているが
最近は「高齢者が自宅で」とか、「子どもが車内に置き去りにされて」という事例もある。

熱中症のホームページでは、その定義について、

「暑熱環境下にさらされる、あるいは運動などによって体の中でたくさんの熱を作るような条件下にあった者が発症し、体温を維持するための生理的な反応より生じた失調状態から、全身の臓器の機能不全に至るまでの、連続的な病態」
スポーツや活動中においては、体内の筋肉から大量の熱を発生することや、脱水などの影響により、寒いとされる環境でも発生しうるものです。実際、11月などの冬季でも死亡事故が起きています。また、運動開始から比較的短時間(30分程度から)でも発症する例もみられます。

予防については日本体育協会の熱中症予防8か条

1. 知って防ごう熱中症
2. 暑いとき、無理な運動は事故のもと
3. 急な暑さは要注意
4. 失った水と塩分を取り戻そう
5. 体重で知ろう健康と汗の量
6. 薄着ルックでさわやかに
7. 体調不良は事故のもと
8. あわてるな、されど急ごう救急処置

にあるように、水分と休息の摂取。クラブ活動などでの強制飲水を進めている。

熱中症を未然に防ぐためには、気象情報等(熱中症予報 by バイオウェザーサービス)をもとに関係者が意識を高め
啓発に力を入れる必要がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)