2007.02.21

Get smart!

Pouting_baby
宜野湾市から名護市まで通勤(2年半で7万キロ走った)
する車内でがんばって流している米軍放送ラジオ(AFN

最近時々コマーシャルとして流れてくるのがGet smart!
製作しているのはアメリカCDCである。

ホームページを見てみると

風邪はウイルス性の疾患です。ウイルス性疾患に抗生剤は効きません。
と繰り返し情報提供されている。口をとがられているpouting babyの写真もそこから拝借。
抗生物質乱用による耐性菌出現防止のためのキャンペーンを
風邪のはやる時期に展開している。

鼻水や鼻づまりのときに、抗生物質は使わないで!
  • 多くの風邪や咽頭痛、気管支炎の多くはウイルスが原因です
  • 抗生物質がウイルスに対して無効であることを知ってますか?
  • ウイルス感染のときに抗生物質を使用することはかえって有害です
  • のちのち抗生物質の効かない耐性菌が出現するリスクも高まります


じゃあ保護者はどうしたら良いの?
  • そのまま観察をする(自然に軽快するのを「待つ」)
  • 鼻水はゴム製吸引器などで吸引することも可能
  • 鼻づまりに対してはネブライザーや生食の点鼻などで改善することもある

など徹底して抗生物質使用を控えるメッセージを流している。
その他
  • 抗生物質の効かない耐性菌について医師に質問しよう
  • 医師が処方した場合は(スキップすることなく)必ず言われたとおり服用する
  • 鼻水の色が黄色や緑になるのは細菌感染のしるしではない
  • 浸出性中耳炎OMEにも抗生物質は不要(2ヶ月以上続かなければ)

ウイルス性の風邪のときに、抗生物質を処方する医師も
それを期待する保護者もsmartではないという内容。
さすがにエビデンス重視の国。

日本では政府がこれだけ診療内容にまで介入する力は
これまでなかった(医師会が強かったせいもあって)し、
医師に対して患者が指示するなどもってのほかという
雰囲気だったが、最近は患者がいろんな情報のもとに
クリニックを選ぶ時代になりつつある。

こういうキャンペーンは正しい情報を国民に伝える手段として
参考になる。

| | TrackBack (0)

2006.09.06

Don't dig your own grave!! 墓を掘ってはいけません?

フィジーでの朝食は、シリアルと露天で買ったトマトとコーヒーNestle

テレビ(Fiji One)を見ながら食べてると

画面下の広告スペースに

Don't dig your own grave!!
の文字。
墓を掘ってはいけません?ん?とよく下の小さな文字を見ると
Every year thousand of people dig their own graves by smoking. (Ministry of Education)

たばこを吸いながら墓を掘るな!ではなくて
たばこのせいでで命を落とす人が毎年たくさんいますよという反喫煙広告だった。
大丈夫か?この英語力(でももう来ちゃってるし)
日本でももっとプロモーションしなくてはね

100_0173_1喫煙する人もあまりみかけませんが、昨日行った母子保健センターでは、ポスターが貼ってありました
(左からマリファナ、たばこ、アルコール)

今日は山奥の酋長がいるという村の
ナースステーションを見学に行ってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.22

"give someone gray hair"白髪になるほど心配をかける

宿題の合間に投稿。

英会話リスニング完全攻略という本に付属のCDで
いつもウチアタイさせられるフレーズがこれ。

Your last-minute writing is giving me gray hair.
あなたの駆け込み仕事のせいで、白髪になりそうだわ。

駆け込みでもうまく仕事が回っているのではなく、

実は、駆け込み仕事のせいで多くの方々や先輩に迷惑をかけている

ことに気づかないと、この行動パターンからは卒業できない。
反省し行動を改めなければ...

駆け込み仕事に関する夕刊記事
夏休み総力戦 子どもたち必死 ラストスパート(琉球新報8月21日)

考えたら、子どものうちに身につけておくべきスキルは
「駆け込みぎりぎりセーフ」的技術ではなく
こういうことなのかもしれない。いわゆる勤勉性ね。

宿題完成(午前5時)
Kitai

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.09

Any room for dessert?デザートはいかが?

毎朝出勤準備をしながら流しているラジオ
生島ヒロシのおはよう一直線(TBS)
その中の英語一語一会で紹介されたフレーズがこれ

デザートはいかがですか?
Any room for dessert?
エニィルームフォーデート?

roomには部屋の他に、場所とかスペースという意味がある。
I always have a room for cake.(ケーキは別腹)
う~ん。楽しいバイキングの記事で

別腹(べつばら)という臓器はない!
などと書いてしまったが、海を越えたところにもこの概念があるとは...
食事の後にちょっと甘いものが欲しくなるのよね
というのは、習慣のたまものだと思っているんだけど、違うのかなぁ。

| | TrackBack (0)

2005.04.30

ホームワーク(idiom)

本日より新カテゴリーをここに登場させていただきます。それは「英語学習」
この1月からこっそり「四十前の手習い」ということで英会話に通いだした。
自宅近くにあって夜9時からの受講も可能という英会話教室
週1で通っているけど、当然のように毎回宿題(ホームワーク)が出るの。
その関連でsite検索することもあるので、その履歴を記録に残すために載せる
(まずやらないと思うけれど)後で復習するときの参考にするために載せる
公衆衛生との関係?う~ん、英語という「道具」を使って、調べものをする(チト苦しいか)

というわけで今日のテーマがidioms related to body parts の調べ学習

  • poke one's nose into:頭を突っ込む(首を突っ込む?)=meddle in or interfere with other's business
    Don't poke your nose into this complicated problem.(こんな複雑な問題に頭を突っ込むな)といいます (アサヒドットコムLet's クロスカルチャー)
  • have a long face:浮かぬ顔をしている=don't look happy
  • have cold feet:おじけ、逃げ腰=be nervous before doing something
  • give someone the cold shoulder:よそよそしい態度を見せる、無視する=act coldly towards someone
  • live from hand to mouth:その日暮らしをする=have just enough food and money to live
  • be all ears:心に耳を傾ける=listen carefully
  • strength one's legs:散歩に出る、足を伸ばす=go for a work
  • keep an eye on:…に気を配る, …を監視する.=watch carefully
  • have a finger in every pie:いろんなことに関与する(余計な手出しをする)=be involved in many activities

次の問題。heart/hair/footなどの身体の部分を使った熟語を書きなさい

heart
  • to one's heart's content:心行くまで
  • break a person's heart:ひどく失望させる
  • eat one's heart out:悲しんでくよくよする(for,over)
  • have one's heart in one's mouth:びくびくしている、心配する
hair
  • a hair of the dog:二日酔いの迎え酒
  • by a hair:わずか
  • get in a person's hair:人を悩ます
  • make a person' s hair curl:人を震え上がらせる
foot
  • get one's foot wet:参加する、試みる
  • get off on the right foot:うまく始める
  • have one foot in the grave:棺おけに片足を突っ込んでいる(死にかけている)
  • have two left feet:不器用である

正しい解答を選び文章を完成させよ

| | Comments (0) | TrackBack (1)